一般社団法人ウォーターフロント協会オフィシャルホームページ

みなとまちづくりマイスタ-制度

全国のみなとまちづくりマイスター

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 四国
  • 九州
  • 中国
  • 北陸

北海道

稚内港(北海道)

画像

氏名 横澤 輝樹(ヨコザワ コウキ)
役職 稚内みなとまちづくり懇談会 会長
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

現在、稚内市議会議員として市政に取り組むかたわら、稚内みなと南極まつりの期間中には、第一副港において開催するボートレースイベントで中心的役割を担い、冬期間には北防波堤ドームの中にアイスキャンドルを灯すイベントを企画・実施している。忙しい議員活動と、稚内みなとまちづくり懇談会、みなとオアシス「わっかない」の会長および稚内地元愛育成協議会の理事としての活動を両立させて、みなとの活性化及び賑わいの創設に大きく貢献している。

紋別港(北海道)

画像

氏名 竹内 珠己(タケウチ タマミ)
役職 みなとまちづくり女性ネットワーク・オホーツク 代表
認定年度 平成25年

【取り組み実績】

紋別港の景観向上のため、平成18年から継続している「港の花いっぱい運動」や観光客や市民の交流の場として「山桜桃」の開設などを通して、港の活性化に寄与している。また、「みなとオアシスもんべつ協議会」の代表として活動を全国に広げ、みなとオアシスSea級グルメ全国大会の紋別開催の実現に貢献した。

網走港(北海道)

画像

氏名 杉本 匡規(スギモト マサノリ)
役職 みなとオアシス網走運営協議会 代表
認定年度 平成24年

【取り組み実績】

網走市中心地で開催されている「あばしりオホーツク夏祭り」等のイベントとみなとが連携した取り組みを推進した。また、網走港で開催される『網走一番!秋祭り』の中心的役割を担う等、地域のみなとまちづくりに貢献した。

苫小牧港(北海道)

画像

氏名 大西 育子(オオニシ イクコ)
役職 女性みなと街づくり苫小牧 代表
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

暮らしに関わりの深い女性の立場から港湾空間の再編成、創造のために活動している。苫小牧みなと写生会、みなとの空間花いっぱい活動、苫小牧みなとウォーク、花壇整備事業などの活動を定期的に行い、また、みなとオアシス苫小牧推進部長として苫小牧港開港50周年記念事業やみなとオアシスSea級グルメ大会の企画実行にも尽力し、みなとまちづくりの発展のために幅広くに貢献している。

室蘭港(北海道)

画像

氏名 白川 皓一(シラカワ コウイチ)
役職 NPO法人羅針盤 代表
認定年度 平成20年

【取り組み実績】

毎年、市民が海と港に親しむ室蘭の一大イベント「むろらん港鉄人船漕ぎ大会」委員長として大会運営のために大いに力をふるっている。また、室蘭港立市民大学を立ち上げ、室蘭のまちづくり、ひとづくりのためにワークショップや講演の開催など精力的に活動している。

室蘭港(北海道)

画像

氏名 立野 了子(タツノ リョウコ)
役職 みなとまちづくり女性ネットワーク室蘭 代表
認定年度 平成25年

【取り組み実績】

「みなとオアシスSea級グルメ」などの港湾振興のイベントで室蘭の素材を活かした食べ物を出店し、みなとを活用した賑わいの創出のため、精力的に取り組んでいる。また、毎年行っている「めだかの学校」(海の日コンサート)は昨年ですでに25周年を迎えている。

函館港(北海道)

画像

氏名 折谷 久美子(オリタニ クミコ)
役職 みなとまちづくり女性ネットワーク函館 代表
認定年度 平成22年

【取り組み実績】

旅客船歓迎セレモニーで、多くの市民とともに「いか踊り」を披露し、「いか飯」をふるまい、函館港の好感度アップに貢献している。また、小学校で地元特産品コンブとイカに関する講座を実施。市民参加型のイベントとして函館港のシンボル緑地「緑の島」でドライブインシアターを実施。市民のみなとまちづくりへの関心を高めた。また、函館開港150周年記念事業実行委員、「ザ・シンポジウムみなとin函館」のパネラーとしてみなとまちづくりの活力向上をアピールした。

沓形港(北海道)

画像

氏名 高橋 哲也(タカハシ テツヤ)
役職 利尻町活性化協議会 会長
認定年度 平成29年

【取り組み実績】

商店街の活性化、商工業の振興のため、沓形港と利尻町のまちづくりの関連性を理解し、クルーズ船の寄港時に併せた交流イベントを企画・運営し、乗船客等へのおもてなしを充実させる等、地域の基幹産業である観光振興を通じて沓形港のみなとまちづくりに貢献している。

東北

大間港(青森県)

画像

氏名 島 康子(シマ ヤスコ)
役職 津軽海峡マグロ女子会 青森側とりまとめ役
認定年度 平成22年

【取り組み実績】

平成12年に大間町の若者たちと「あおぞら組」を結成し、組長としてフェリー客歓迎のため、「旗ふりウェルカム活動」を実施。 大間函館航路廃止の危機には航路存続運動を行い航路存続が決定した。「あおぞら組」の運動は現在高校生も加わり活発な広がりを見せている。現在は北海道新幹線函館開業に向けた新たな交流人口の拡大を目指した「津軽海峡マグロ女子会」を結成し、青森側のとりまとめ役として大間の地域振興や賑わいの創出に大いに寄与している。

青森港(青森県)

画像

氏名 渡部 正人(ワタナベ マサヒト)
役職 NPO法人あおもりみなとクラブ 理事長
認定年度 平成24年

【取り組み実績】

青森市の活性化を推進するため、青森港ベイエリアにおいてさまざまなイベントを継続的に実施している。平成23年度には復元した北前船の日本海帆走実現を支援するなど、港からの話題づくりやPRに大きく貢献した。

青森港(青森県)

画像

氏名 若井 敬一郎(ワカイ ケイイチロウ)
役職 青森商工会議所会頭
認定年度 平成25年

【取り組み実績】

国内最大級の復元北前船「みちのく丸」を活用した文化交流事業実施にあたり、青森セーリングクラブ会長として自ら乗船し陣頭指揮を執り青森港のみならず各寄港地での賑わい空間の創出に尽力した。また、青森ねぶた祭実行委員長としてねぶた祭のフィナーレを飾る海上運行を青森港内で行いウォーターフロント活性化に寄与した。

青森港(青森県)

画像

氏名 鳥谷部 眞実(トリヤベ マサミ)
役職 青森港振興協会 会長
認定年度 平成26年

【取り組み実績】

青森海洋少年団、ジュニアヨットクラブの支援、鉄道貨車を利用する物流動向の研究を行っている。特に青森港新中央ふ頭(客船専用バース)の完成を契機に外国クルーズ船のポートセールスを先導、10年以上に渡って主導的立場で尽力し、行政と民間との協働関係構築に貢献している。また、寄港歓迎セレモニーの企画運営、クルーズ客船の青森港寄港を実現させ、青森港のクルーズ拠点としての成長に貢献した。

八戸港(青森県)

画像

氏名 町田 直子(マチダ ナオコ)
役職 NPO法人ACTY 理事長
認定年度 平成23年

【取り組み実績】

次世代を担う子どもたち、若者たちが世界を感じ、新しい世界に触れることで、グローバルな視野を育める環境づくりを目指して市民活動団体や市民、事業者、行政と協働し、八戸の魅力あるみなとまちづくり・人づくりに関わる活動を通じて“海から開けたまち八戸”の地域アップと八戸港のPRに大いに貢献した。

宮古港(岩手県)

画像

氏名 橋本 久夫(ハシモト ヒサオ)
役職 NPO法人いわてマリンフィールド 理事長
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

「マリンスポーツや水辺活動の企画・実施、活動支援を行い、福祉の増進、マリンスポーツの普及、生涯学習への支援及び自然環境保護活動に寄与する」ことを目的として、みなとを活用した「ひとづくり・まちづくり」に取り組んでいる。今年、拠点であるマリーナ「リアスハーバー宮古」が復旧、本格的な活動を再開した。岩手インターハイの開催に加え、国際ジュニアヨットレースの精力的誘致活動が成功し宮古港が開催地に決定するなど、みなとの復興、賑わい創出に多大の貢献をしている。

酒田港(山形県)

画像

氏名 西村 修(ニシムラ シュウ)
役職 酒田まちづくり開発株式会社 代表取締役
認定年度 平成26年

【取り組み実績】

自らが社長をつとめる酒田まちづくり開発株式会社を活動の中心として、酒田港に関する情報発信や酒田港を利用した観光促進を行っている。具体的には酒田市と離島を結ぶ定期船によるチャータークルーズの実施、北前船酒田港寄港のための各種の集客PR、地元の食材を使った食品の開発販売、Sea級グルメ全国大会参加等多岐にわたっている。これらの活動は酒田港における観光開発、地元海産物を含む地域資源の発掘のみならず、みなとまちづくり活動の普及啓発にも大いに貢献している。

小名浜港(福島県)

画像

氏名 鈴木 泰弘(スズキ ヤスヒロ)
役職 小名浜まちづくり市民会議 副会長
認定年度 平成20年

【取り組み実績】

港の賑わいづくりのためにSea級グルメ全国大会をはじめ様々なイベントに主体的に関与している。「アクアマリンパーク倉庫地区再開発事業」を国、地方自治体と市民会議の協働で実施し、「小名浜さんかく倉庫」を開設する。また、「小名浜美食ホテル」で港の名物メニューを開発している。

小名浜港(福島県)

画像

氏名 安部 義孝(アベ ヨシタカ)
役職 アクアマリンふくしま 館長
認定年度 平成24年

【取り組み実績】

東日本大震災により甚大な被害を受けた「アクアマリンふくしま」をわずか4ヶ月で再開、いわき市の元気をいち早く発信した。また、室内に子供広場を新設し、原発事故の影響で外遊びを控えがちな子供たちに遊び場を提供する等、小名浜港の賑わいを取り戻すことに貢献した。

関東

館山港(千葉県)

画像

氏名 竹内 聖一(タケウチ ショウイチ)
役職 NPO法人たてやま・海辺の鑑定団 理事長
認定年度 平成30年

【取り組み実績】

館山港内の「沖ノ島」を中心にして南房総の環境保全及び地域振興に大いに寄与している。海辺のエコツアー環境教育プログラムでは2000人以上の人々を動員し館山湾の貴重な経済効果を生み出している。「たてやま海まちフェスタ」ではイベントを盛り上げ、魅力あるみなとまちづくり推進に尽力している。

北陸

新潟港(新潟県)

画像

氏名 小島 富美子(コジマ フミコ)
役職 NPO法人にいがた湊あねさま倶楽部 代表
認定年度 平成20年

【取り組み実績】

地域に根ざした女性の視点から新潟の「みなと」の魅力を環境・安全・教育・福祉・文化などの広い範囲での学習、情報発信により、みなとづくりに貢献している。港の魅力を知ってもらうために、絵本、絵図の作成に尽力し、また、市民の賑わいの場所とするために独自のイベント「月待ち湊」を継続して実施している。

新潟港(新潟県)

画像

氏名 石井 洋司(イシイ ヨウジ)
役職 NPO法人新潟みなとクラブ 理事長
認定年度 平成27年

【取り組み実績】

湊町として発展してきた新潟市の歴史を、歩いて魅力を発見してもらう目的で開催している、「湊まち新潟歴史ウォーク」の企画・運営を行う他、地元住民や保育園児など約100名が参加し、新潟空港のロビーに園児らが考えたデザインを基に花絵を製作する「新潟空港花絵で飾ろう」の企画・運営を行い、その基礎を築いた。また、技術の伝承として、北陸地方整備局の職員を対象とした、港湾技術力養成セミナ―の講義・講師を行い、後進の育成にも力を注いでいる。

伏木富山港(富山県)

画像

氏名 雨宮 洋司(アメミヤ ヨウジ)
役職 みなとガイド養成塾 塾長
認定年度 平成24年

【取り組み実績】

伏木富山港への来訪者に対して、「みなと」の魅力を伝えるガイドの養成及び地域おこしの主要なキーパーソンの養成を行うなど、伏木富山港の理解の増進、みなとに対する意識の高揚など、みなとまちづくりに貢献した。

中部

御前崎港(静岡県)

画像

氏名 石原 智央(イシハラ トモオ)
役職 一般社団法人 御前崎スマイルプロジェクト 代表理事
認定年度 平成28年

【取り組み実績】

海やビーチをはじめとする地域の安全・防犯パトロールの実施、安全講習会や救急救命講習会の開催、地域を元気にするイベントの企画や実施など、御前崎港の賑わいづくりに精力的に取り組み大いに成果を上げており、地元には無くてはならない人である。子供たちの海への関心を高める活動や砂浜の養浜活動にも力を入れており、人と海とが協調し発展する可能性を高めた功績は大きい。

衣浦港(愛知県)

画像

氏名 神谷 正巳(カミヤ マサミ)
役職 市民ボランティア団体渡し場かもめ会 会長
認定年度 平成27年

【取り組み実績】

高浜市の藤江の渡し場あとを拠点に、海の環境保護と浄化に貢献している。海岸の浄化活動を指揮し、次世代の児童に海の環境の大切さを伝えるための高浜の干潟調査は、現在200名を超える大イベントに成長している。また干潟にアサリを撒き続けた結果、昨年成長したアサリの生息を確認することができた。「芳川渡し場まつり」を通じて三河、尾張を結ぶ「藤江の渡し」を地元文化遺産として後世に伝え、地域とのふれあいの場として活性化させた。

名古屋港(愛知県)

画像

氏名 田村 伴次(タムラ トモツグ)
役職 NPO法人伊勢湾フォーラム 相談役
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

「名古屋港みなとまちづくり」において地域住民の期待や要望を取りまとめ、名古屋港の21世紀への提言を行うと共に、伊勢湾再生における浚渫土砂を利活用した干潟の有り方について調査研究を行っている。具体的には「地域産業を支え、国際競争力のある名古屋港づくり」「環境安全性重視の施策」「みなとまちづくりや景観に関する提案」等、地域の再開発に「市民の夢」を活かす提言を行い、生涯学習講座やe-ネットの市民学習番組により幅広い市民の地域社会に対する意識を向上させることに貢献した。

鳥羽港(三重県)

画像

氏名 江崎 貴久(エザキ キク)
役職 海島遊民くらぶ 代表
認定年度 平成26年

【取り組み実績】

実家である旅館「海月」再建のため観光業の本来あるべき姿を見直し、地産地消を基本に、泊食分離の料金システムを開始、2000年に「海島遊民くらぶ」を立ち上げ鳥羽らしさが最も残った地域である離島をフィールドに自然や生活文化を通して環境と観光、教育と環境を一体化させたエコツアーを展開。現在、地元の鳥羽エコツーリズム推進協議会会長を務めながら次世代のリーダー育成、地域全体での資源活用のあり方を研究、実践し、地域の活性化に貢献している。

近畿

舞鶴港(京都府)

画像

氏名 伊庭 節子(イバ セツコ)
役職 NPO法人まいづるネットワークの会 理事長
認定年度 平成27年

【取り組み実績】

「八島おかみさん会」を主宰し、商店街でのおもてなしや女性の視点でのまちづくりの機運を盛り上げた。観光ボランティアガイド「けやきの会」を立ち上げ、ガイドを養成し、国内外のクルーズ客・観光客を対象に地元ならではのきめ細かい案内の他、着地型観光の提案をしている。舞鶴市発祥ご当地グルメ「肉じゃが」を客船寄港時にふるまい港の賑わいを創出している。女性の視点から京都府港湾審議会委員として平成25年の港湾計画全面改訂に大きく貢献した。

大阪港(大阪府)

画像

氏名 松本 英之(マツモト ヒデユキ)
役職 一般社団法人港まちづくり協議会大阪 理事 事務局長
認定年度 平成28年

【取り組み実績】

大阪港の築港・天保山エリアにおいて、港町としての賑わいの創出や経済の活性化を目指した取り組みを行っている。港町の再生は地元主体による取り組みと、企業と地方自治体および中央官庁との連携が重要であるとの考えから、「天保山まつり」や「菱垣廻船復元プロジェクト」等の実行・運営を通じて、地域住民と企業や行政との架け橋としてまちづくりに貢献している。

神戸港(兵庫県)

画像

氏名 森田 潔(モリタ キヨシ)
役職 一般社団法人神戸港振興協会 参与
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

年間40件余りのウォーターフロント関係イベントを実施し、市民と神戸港を結びつける様々な事業を展開、延べ約50万人規模の集客を行っている。中でも、1時間のイベントで29万人を港に集める花火大会は、神戸市最大の集客事業となっている。市民参加型のカッターレースなど海事人材育成の事業にも積極的に取り組んでいる。また、神戸港開港記念誌、神戸港年表など後世に記録を残す資料作りにも幅広く関わっている。このように多方面にわたりみなとまちづくりのために貢献している。

神戸港(兵庫県)

画像

氏名 渡辺 真二(ワタナベ シンジ)
役職 メリケンパーク協議会 会長
認定年度 平成29年

【取り組み実績】

行政機関と企業との架け橋となって「港都神戸」グランドデザインを実現するため尽力している。神戸開港 150 年の取り組みでは、これまでの経験を生かし、メリケンパーク、中突堤周辺地域における様々なイベントを企画し、メリケンパーク再整備で、地域の意見を取りまとめ、官民と連携しながら、魅力ある新たなウォーターフロント公園造りに貢献している。

中国

境港(鳥取県)

画像

氏名 山田 義彦(ヤマダ ヨシヒコ)
役職 NPO法人元気みなと商店街 副理事長
認定年度 平成22年

【取り組み実績】

長年にわたりボート大会等を開催し、境港・中浜港の賑わい・活性化に寄与している。「元気みなと商店街」を結成し「うまいもん朝市」を平成23年以来継続して開催、旧商店街を「おさかなロード」と命名しおさかなオブジェを配置、今後も増やしていく予定である。また、第3回Sea級グルメに出品したイカカツは優秀賞を受賞した。平成27年3月には「第1回境港おさかなロード大漁祭」を開催した。

宇野港(岡山県)

画像

氏名 三宅 定子(ミヤケ サダコ)
役職 うの港13(うのポートサーティーン)代表
認定年度 平成22年

【取り組み実績】

宇野港・玉野市来訪の外国人観光客を主に対象とする英語版「歴史散策マップ」を作成し宇野港と玉野市の魅力をPRした。「宇野港の未来を担う小さな子供たちの手型」事業を計画して、子どもたちの手形を宇野港護岸壁に設置。港の活性化につながるように宇野港周辺整備についての提言書を市長等へ提出しその内容を実現した。

水島港・東備港
(岡山県)

画像

氏名 田中 丈裕(タナカ タケヒロ)
役職 NPO法人里海づくり研究会議 理事・事務局長
認定年度 平成25年

【取り組み実績】

東備港では地元と緊密な協力体制築き、アマモ場の再生や牡蠣殻の有効活用を積極的に進め、地域の活性化に貢献している。水島港においては港湾整備に伴う漁業調整に奔走し「港湾工事等に伴う濁り拡散予測システム」の構築に尽力している。また、海洋教育のために「みなと学習会」の企画運営を行っている。

瀬戸田港(広島県)

画像

氏名 長澤 宏昭(ナガサワ ヒロアキ)
役職 NPO法人せとだ港房 理事長
認定年度 平成20年

【取り組み実績】

瀬戸田港の再生のためにワークショップを立ち上げ、地域全体の活性化を推進してしてきた。みなとオアシス瀬戸田の運営のみならず、「みなとオアシス全国協議会」の会長として全国のみなとオアシスの先頭に立って活躍している。活動は多岐にわたり、「汐待市」をはじめビアテラス、イルミネーション事業等独自のイベントを企画実施している。

三原港(広島県)

画像

氏名 小川 和子(オガワ カズコ)
役職 NPO法人みはらまちづくり兎っ兎 理事長
認定年度 平成27年

【取り組み実績】

高速道路網が整備され、運輸サービスが海上から陸上へ大きくシフトし港の賑わいが失われた三原港で、「兎っ兎」を結成、空き店舗を活動拠点として、手作りパンの販売、Sea級グルメのメニュー提供、レンタサイクル事業の展開など、港の賑わいづくりに貢献している。また、「兎っ兎」周辺地域がみなとオアシス三原として登録することについても尽力した。ボランティアコーディネーターとしての経験を活かし災害ボランティアセンターの運営に携わり、安全・安心なオアシスの実現に向けて日々まい進している。

忠海港(広島県)

画像

氏名 小積 君生(コヅミ キミオ)
役職 忠海町コミュニティづくり推進協議会 理事
認定年度 平成23年

【取り組み実績】

忠海港を拠点とした地域の活性化ワークショップを立ち上げ地元食材にこだわった「鯛めし」を開発した。また、港町の活性化を図るためみなとオアシスただのうみ協議会の設立と登録に貢献した。地域活性化イベントの企画、実践において地域の先頭に立って活躍している。

忠海港(広島県)

画像

氏名 脇本 茂紀(ワキモト シゲキ)
役職 みなとオアシスただのうみ協議会 会長
認定年度 平成27年

【取り組み実績】

忠海港を中心とした忠海駅周辺の賑わい創出に取り組み、地域のワークショップ立ち上げ、地元に密着した活動を行っている。「みなとオアシスただのうみ」のブランドには「食」の視点が重要と考え、地元天然鯛を使った「鯛めし」を開発し、各イベントの人気商品となっている。また、地域活性化イベント「いっぺんきん祭みなとオアシスただのうみ」を企画し、「村上源氏の娘」にゆかりのある忠海街並みツアーのガイドも務めた。

四国

徳島小松島港(徳島県)

画像

氏名 森野 一郎(モリノ イチロウ)
役職 マリンベース徳島 代表
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

徳島小松島港の再生のため、遊休水面の友好活用のために「活気ある港の再現」を目標として官民協働のワークショップを立ち上げた。また訪問客を誘致するために「ビジターハーバー」を提案し開港。開港後は基盤整備や人づくりを行い県内県外の団体、ヨット愛好家と連携しヨット体験、ヨットレースを実施した。また、積極的に港湾内での多彩なイベントに小型船舶誘致を促進し観光、賑わいの創出に貢献してきた。

八幡浜港(愛媛県)

画像

氏名 谷本 訓男(タニモト ノリオ)
役職 八幡浜港みなとまちづくり協議会 会長
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

「八幡浜港振興ビジョン」の実現を図るため、市民フォーラムの開催、みなとまちづくりプランの策定、みなとまちづくりコンペの実施、市長へのみなとまちづくり提言書の提出等、産・民・官・学の連携による地域のみなとまちづくりにおいて、先導的な役割を果たす。また、「港弁全国化プロジェクト」を立ち上げPR活動を続けている。このような活動が実を結び八幡浜みなとオアシス「八幡浜みなっと」がオープンし、みなとまち八幡浜再生に大きく貢献した。

八幡浜港(愛媛県)

画像

氏名 木村 謙児(キムラ ケンジ)
役職 みなとオアシス八幡浜みなっと みなと交流館 館長
認定年度 平成28年

【取り組み実績】

市が策定した「八幡浜港振興ビジョン」の実現に向けて、市民と一体となってまちづくりを推進する「八幡浜港みなとまちづくり協議会」のワーキンググループ委員長に就任し、海鮮朝市を舞台としてアンケート、ワークショップ等の社会実験を重ね、港湾振興ビジョンの実現と港を中心としたまちづくりに先導的な役割を果した。

奈半利港(高知県)

画像

氏名 小笠原 良(オガサワラ リョウ)
役職 天然資源活用委員会 事務局長
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

奈半利沖サンゴの保護を目的とした調査事業であるサンゴの育成調査を実施し、サンゴの保護のために、報告会を開催し、なはりサンゴのピーアールに貢献している。また海辺の自然学校の開催を企画、ちびっこトライアスロンの開催に尽力し、奈半利港のピーアール及び奈半利港を中心とした周辺地域の活性化に貢献している。

久礼港(高知県)

画像

氏名 三浦 薫也(ミウラ マサナリ)
役職 土佐久礼みなと夢の市実行委員会 会長
認定年度 平成20年

【取り組み実績】

久礼港の一大イベントである「かつお祭」の実行委員長を長年つとめ、みなとの賑わいづくりに貢献している。また、新しい試みとして「久礼のみなとのクリスマス」「久礼のみなとのhama-yashiki」などで若い女性客を中心とした集客に成功し、みなとまちづくりの新たな道を開拓している。昨年「みなとオアシス久礼」が正式登録されたことが相乗効果となり、年々みなとの賑わいは拡大している。

九州

北九州港(福岡県)

画像

氏名 永木 三成(ナガキ ミツシゲ)
役職 関門港ボート天国推進協議会 作業部会長
認定年度 平成23年

【取り組み実績】

北九州市は旧門司港地区の船溜りを中心に官民一体となったウォーターフロント開発を行い、平成7年に「門司港レトロ」をオープンした。このレトロ地区において、行政、企業、市民団体等が協働して「海の日」に関係するイベントを実施し、みなとづくり、賑わいづくりに大いに貢献した。また、地元の祭、地域活動を牽引して、地域の活性化や北九州港のPR・情報発信に貢献した。

博多港(福岡県)

画像

氏名 大谷 鮎子(オオタニ アユコ)
役職 NPO法人九州キラキラみなとネットワーク 理事長
認定年度 平成20年

【取り組み実績】

九州各地で講演を行い、みなとの活性化、賑わい創出のために貢献している。博多港の見学会を行い、みなとの果たす役割や市民との関わりなど「みなと」を活かしたまちづくりについての意見交換会を実施している。「みなとでスロージョギングを楽しむ会」を起ち上げ、ウォーターフロントでの健康増進活動を通して多くの人にみなとへの興味を持ってもらう機会を創出することに尽力している。

大分港(大分県)

画像

氏名 早瀬 康信(ハヤセ ヤスノブ)
役職 NPO法人大分ウォーターフロント研究会 常務理事
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

大分港西大分地区のウォーターフロント開発において、遊休化した倉庫を活用した「かんたん倶楽部」をはじめとして企業家育成のためのチャレンジショップ「かんたんサーカス」や様々なイベントの企画・運営を行い、年間を通した賑わい創出に常に主体的に取り組んでいる。また、「みなとオアシスかんたん港園」の認定、「みなとオアシスSea級グルメ大会 in Oita」の誘致など大分港ウォーターフロント開発に対して多大の貢献をしている。

別府港(大分県)

画像

氏名 奥村 伸幸(オクムラ ノブユキ)
役職 別府国際観光港みなとまちづくり協議会 会長
認定年度 平成23年

【取り組み実績】

別府国際観光港及び別府港海岸餅ヶ浜地区の賑わいづくりを推進する「別府国際観光港みなとまちづくり協議会」の設立に尽力し、行政や民間企業、地域住民などが協働して賑わいを取り戻す活動に中心的な役割を果しており、「みなとオアシス別府港」の賑わいの場の創出に顕著な貢献を果たしてきた。

鹿児島港(鹿児島県)

画像

氏名 川畑 孝則(カワバタ タカノリ)
役職 NPO法人ゆめみなと鹿児島 副理事長
認定年度 平成21年

【取り組み実績】

ウォーターフロントの素晴らしさを市民に体感してもらい、みなとまちづくりの重要さをアピールするため「海を活かしたまちづくり」に長年取り組んできたが、鹿児島港の振興と賑わいづくりを一体的に推進することを目的に「NPO法人ゆめみなと鹿児島」を立ち上げ、現在市民と港湾との融合に取り組んでいる。平成25年からは観光客船歓迎業務に事務局として参画し、鹿児島港ならではの歓迎イベントに取り組んでいる。みなととまちの融合、若者のみなとまちづくりに貢献した功績は大きい。

注)認定年度は初認定年度を記載

ページの先頭へ戻る