全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2013年10月21日

今月の逸品vol.24 神戸大学海事博物館の「千石船の舵用材(実物)」




「今月の逸品」第24回は、神戸大学海事博物館の「千石船の舵用材(実物)」です。

船を操るためには舵が必要です。この用材は舵の中心部材である舵柱(だちゅう)の本体であると推定され、長さが7メートル30センチあります。江戸時代を全盛期に、かって日本周辺で物資の輸送を担った千石船(せんごくぶね)の巨大な船体を偲ぶことができるたいへん貴重な史料です。

昭和38年5月、兵庫県豊岡市津居山の瀬戸運河浚渫工事の際に河底で偶然発見され、津居山の照満寺境内に永らく保存・展示されていました。
2012(平成24)年9月15日、津居山・有志の皆様の千石船史料保存に向けた熱意とご厚意により当博物館に搬送・寄贈され、館内に展示されています。







===== ご案内=======

海事博物館では、常設展示に加え、ただ今「進水式絵葉書にみる船の変遷」と題して当館が収蔵する多数の進水式絵葉書の中から逸品を展示して船の進化を概説しています。

・開館日:月・水・金の13:30~16:00(祝日及び盆・正月前後の休館を除く)
・海事博物館事務室:078-431-3564(上記開館時間)
・阪神電車深江駅から南西へ徒歩約10分(国道43号線の南側)


神戸大学海事博物館の情報はこちら






at 14時18分

2013年10月21日

台風一過で東京港に虹がかかりました。10.16

台風一過で東京港に虹がかかりました。



  東京みなと館執務室から(2013.10.16)


台風26号は、伊豆大島はじめ各地に大雨の被害をもたらしました。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。


at 10時34分

カレンダー

前の月 2013年10月 次の月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS