全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2014年09月18日

「新着資料紹介」のコーナー 第3回「日本郵船歴史博物館」


今回、新着資料としてご紹介するのは、日本郵船歴史博物館の籾山艦船模型製作所の手になる氷川丸の模型です。本模型は、第二次世界大戦前、日本郵船バンクーバー(カナダ)の代理店に飾られており、戦時中の対日資産凍結によりカナダ政府に没収されました。戦後、アイオワ州の自動車ディーラーが競売で本模型を落札しましたが、1979年遺族によりウィスコンシン海洋博物館に寄贈され1995年同館で展示されていることが判明しました。何度かの交渉を経て2013年末、日本郵船に返還が実現されました。
     
                        日本郵船歴史博物館搬入の様子


日本郵船歴史博物館での一般公開に先立ち、模型の破損や劣化の状態を確認したところ、経年劣化によるロープの断裂や船体に傷や凹み、ラッカーの剥離、汚れや埃が目立ちました。これらの修理を(有)佐藤船舶工芸に依頼し、展示の準備を整え、2014年2月18日より当館において一般公開となりました。

            修理の様子                  博物館に展示された氷川丸模型


1930年に竣工した「氷川丸」は、戦前に建造された大型船の中で唯一現存する貨客船であり、「日枝丸」「平安丸」とともにシアトル航路に就航しました。戦時中には海軍特設病院船、戦後には復員輸送船をはじめ貨客船として内航、北米等の貨物輸送を行い、1952年7月には再びシアトル航路に就航し1960年10月まで運航されました。
建造当時最新鋭のB&W社(デンマーク)製の省燃費型ディーゼル機関を搭載した「氷川丸」は、船内装飾設計にはマルク・シモン社(フランス)を採用。アールデコ様式の意匠やデザインは華やかで美しくもあり、それらは現在も「氷川丸」で見ることができます。昭和という時代の歴史と深く関わり、いくつもの転変の末、横浜港山下公園前に係留されています。
  

横浜港山下公園前に係留されている「氷川丸」


本模型は、今や幻のモデルメーカーである籾山艦船模型製作所の作品であり、設計図面により正確に再現された模型の魅力は精緻かつ精巧に作られています(模型縮尺は実物の1/48、全長約340cm、幅約42cm)。
船体にはよく乾燥させた日本檜、梯子、ハンドレール等はマホガニー、金属部分は真鍮が使われ、艤装品一つを見てもウィンチの歯車の数、タラップの段数、アンカーの鎖の数まで、できるだけ実物どおりに再現され、職人の技術の熟練度もさることながら、模型細部から全容まで、まさに芸術的です。

籾山模型の銘板

細部の様子


「氷川丸」はその歴史の中で、何度となく改修、改装されました。そのため、竣工当時の姿を知ることのできる本模型は、貴重な文化遺産といえます。

現在当館では「氷川丸」とともに戦前の客船時代を飾った籾山艦船模型製作の「浅間丸」「鎌倉丸」等が展示され、いつでも見ることができます。
竣工当時の船影を再現した本模型と山下公園に係留されている現在の「氷川丸」とを見比べながら、その航跡をたどってみてはいかがでしょうか。

氷川丸摘要
竣工    1930(昭和5) 年4月25日
船種    貨客船
速力    16ノット
建造所   横浜船渠株式会社
船客定員  289名
総トン数  11,622トン
全長 163.30m
幅     20.12m
主機    B&W複動4サイクル・ディーゼル機関2基2軸


日本郵船歴史博物館の情報はこちらへ









at 13時24分

2014年08月15日

「新着資料紹介」のコーナー 第2回「船の科学館」

今回、新着資料としてご紹介するのは、「船の科学館 別館展示場」の新たな展示物として「にっぽんの海」コーナーに仲間入りした、タッチできる「尖閣諸島」模型(縮尺1/10,000)と「沖ノ鳥島」模型(縮尺1/7,000)です。
わが国は小さな島国で、その陸地面積は約38万平方キロメートルしかなく世界で61番目の、狭くて資源の乏しい国と言われてきました。
しかし、平成6年(1994)に発効した「国連海洋法条約」は、基線から12カイリの領海に加え、200カイリまでを排他的経済水域とし、その国に資源開発や漁業の権利を認めることとなりました。
これにより、日本の海の広さは領海と排他的経済水域等を合せて約447万平方キロメートル、世界有数の広い海域を持つ海洋国家となり、そこには豊かな水産資源のみならずレアメタル、メタンハイドレード、ガス等エネルギー資源も豊富に存在することが分かってきました。
これらの豊かな広い海を得ることが出来たのは、起点となる離島があるからこそです。例えば、わが国最東端の地である南鳥島は本州から1,800キロメートルも離れた太平洋に浮かぶ絶海の孤島で広さはわずか1.5平方キロメートルですが、その島から得られる海の面積は43万平方キロメートルにもなります。
このように、わが国にとって重要な離島のなかでも、今注目を集めている2つの島を模型で再現し、しかも「タッチ」できるようにしました。

1.尖閣諸島
 「尖閣諸島」は石垣島の北西約170キロメートルにある群島で魚釣島、南小島、北小島などから成り立っています。現在は無人島ですが、戦前はカツオブシ工場や海鳥のはく製工場が建設され、200人を超える日本人が生活していました。太平洋戦争後は、昭和47年(1972)沖縄返還と共にわが国に返還されましたが、海底に豊富な石油や天然ガスが存することが分かると、台湾と中国が領有権を主張し始めましたが、「尖閣諸島」が歴史的にも国際法上もわが国固有の領土であることに疑う余地はありません。

●尖閣諸島模型(縮尺1/10,000)
 これは、「尖閣諸島」を縮尺1/10,000で再現した模型です。絶海の海に屹立したように存在する「魚釣島」、「南小島」、「北小島」等の尖閣諸島の島の姿を模型で再現しました。しかも、「タッチ」できます。あなたも「尖閣諸島」に触れてみませんか?

2.沖ノ鳥島
 「沖ノ鳥島」は、わが国最南端の島で、東京都の小笠原村に属するサンゴ礁の島々です。東京から1,700キロメートルも離れており、ハワイのホノルルより南に位置しています。現在、満潮時には「東小島」と「北小島」しか水面上に姿を現さないことから、これ以上の浸食を防ぐため消波ブロック、コンクリート製護岸、さらにはチタン製の防護ネットで保護しています。
また「沖ノ鳥島」は周辺排他的経済水域の保全・利用を促進することが必要な特定離島に指定されており、わが国海洋安全保障上の重要拠点でもあります。

●沖ノ鳥島模型(縮尺1/7,000)
 これは、「沖ノ鳥島」を縮尺1/7,000で再現した模型です。楕円形のサンゴ礁に小さく顔を出している「東小島」と「北小島」、そして消波ブロックやコンクリート製護岸等も小さいながら再現されています。これも、「タッチ」することができますので、あなたも「沖ノ鳥島」に触れてみませんか?



船の科学館 別館展示場「にっぽんの海」コーナー
 わが国は、四方を海に囲まれ、むかしから「海に守られて」領土の安全と海洋資源の確保を行ってきました。
しかし、わが国は自国の領土や領海についての理解促進を十分に行っているとは言えず、また子供たちが海について学ぶ場も極めて少ないことが現状です。
船の科学館では、子供たちから大人まで幅広い年齢層の方に「にっぽんの海」を知っていただき、わが国の将来に重要となる海について「海を守る」意識を持っていただけるよう、「にっぽんの海」コーナーを設置し日本の海の範囲や排他的経済水域と呼ばれる海洋資源等の主権が及ぶ範囲などについて、分かりやすく展示・紹介しています。


船の科学館「別館 展示場」(左)と初代南極観測船“宗谷”(右)

 

 「別館 展示場」内にある「にっぽんの海」コーナー


  

         「にっぽんの海」コーナーの海底地形模型         「沖ノ鳥島」のタッチできる模型


     
「尖閣諸島」の「魚釣島」のタッチできる模型            「北小島」 「南小島」


船の科学館の情報はこちらへ







at 10時50分

2014年07月15日

新企画「新着資料紹介」のコーナー 第1回「東京みなと館」

今回、新着資料としてご紹介するのは大きく2種類あります。一つは興味深いDVD、もう一つは社会科見学の小学生に関心の高い船舶模型です。

まずは、DVDを2本紹介します。
(1) 勝鬨橋(昭和15年6月14日開通)
これは新聞などでも報道された経緯がありますので、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、平成24年秋に土木図書館で数本のフィルムが発見されたことから始まります。勝鬨橋の開通直前に土木学会文化映画委員会が撮影したもので、未完のまま書庫に眠っていたものですが、土木技術映像委員会の調査で貴重映像であることが確認され、複製の寄贈を受けた東京都は「勝鬨橋」映像制作を土木学会に依頼し、平成25年10月にこのDVDは完成しました。その後、東京みなと館に土木学会からDVDが寄贈されました。
勝鬨橋は、平成19年に都道府県の道路橋としては初めて国重要文化財に指定されましたが、現在は開閉されることはありません。建設の経緯や勝鬨橋の構造なども分かりやすく編纂され、実際に開閉される様子とその仕組みがわかるとても貴重な資料です。生のフィルム(音声なし)だけを見たい方、解説付きのフィルムを見たい方、それぞれの要求にこたえられるように工夫されています。

(2) 液状化のメカニズムと東京港における取組
東日本大震災では東京港の一部で液状化が見られましたが、被害は局地的かつ小規模にとどまりました。その理由は地盤改良が適切に施されていることによります。このDVDの対象となった場所は15号地木材ふ頭ですが、地盤改良を施した箇所と施していない箇所とが隣り合わせになっている場所で実際にどのような差が生じたかを確認できる点で、非常に興味深い内容となっています。また、液状化の発生するメカニズムをわかりやすくイラストで解説するなど、どなたでも理解できるように工夫されています。DVDが完成したのが昨年の10月位ですので、まだほとんど知られていませんが、埋立地の安全性を考えるうえで貴重な資料となっています。必見です。

DVD「勝鬨橋」の一シーン(発見されたフィルムに解説を加えたもの)

  

DVD「液状化のメカニズム」の一シーン(上は地震直後に液状化が発生し砂が吹き上げられている様子。下は地盤改良を施している箇所と地盤改良を施していない箇所との差。緑の線から上が地盤改良を施している箇所)

 

DVDについては映像でご紹介できないので、文章と画像でご紹介しましたが、次は、商船模型なので画像を楽しんでいただきます。今回紹介するのは2隻です。

画像は、巡視船「やしま」(1/100)と「おがさわら丸」(1/90)の模型です。5月24・25日に開催された第66回東京みなと祭に出展(「出張!東京みなと館」の企画の一部)されたもので、両日で3800名以上の方がご覧になり、沢山の老若男女の関心を引き付けました。制作者は、商船模型同好会会員の塚田三与志さんで、東京みなと祭終了後、塚田さんから当館に寄贈されました。この夏休み期間そして秋の社会科見学の子供たちが喜ぶ姿が目に浮かぶようです。


     【第66回東京みなと祭の様子・46隻の模型が並んだ】


   

巡視船「やしま」                     おがさわら丸



東京みなと館の情報はこちら




at 15時23分

カレンダー

前の月 2019年12月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS