全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2018年02月06日

「今月の逸品ver.2」 vol.10 “渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)の「地引網漁絵馬」


「今月の逸品ver.2」第10回目は、“渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)の「地引網漁絵馬(じびきあみりょうえま)」です。

 “渚の駅”たてやま内にある博物館では、房総半島の漁業に関わる資料を多数所蔵しており、このうち2,144点が国指定重要有形民俗文化財となっています。今回はそのうちの1点である地引網漁を描いた絵馬を紹介します。
 この絵馬は千葉県いすみ市岬町の清水寺に奉納されたもので、明治27年(1894)1月に日在浦で行われた地引網漁の様子が描かれています。船1艘による片手廻しの地引網漁で、獲物はもちろん房総を代表する魚、鰯です。
 網や縄を引く体格の良い男性たちや、鰯をタモで砂浜へ運ぶ女性たちなど、おびただしい数の人々が働いている様子が分かります。画面右上にある白い部分がすべて鰯で、海上の網の上に飛ぶたくさんのカモメも、この漁が大漁だったことを物語っています。船の上では沖合が指示を出し、海中でも男性たちが忙しく働いています。手前に描かれた商標の書かれた籠は、鰯を買い付けにきた商人のものでしょうか。浜には天秤棒で酒樽を担いでくる人物がおり、何か飲食している人々も見えます。
 九十九里や夷隅で行われた大規模な地引網漁は、働き手や関係者など多くの人々が集まることから、それらの人々を相手とした酒屋や煮売りの屋台が出店することもありました。こういった光景は「社交場」と称されることもあり、この絵馬からも賑やかな様子が伝わってきます。鰯は食用のほか、加工して肥料としても利用される房総の特産品でした。
 絵馬の左下には、消えかかっているものの漁に関わった人々の名前が記されており、大漁のお礼とともに、今後の漁の成功を祈願して地元の寺へ奉納されたものと考えられます。人々が大漁への願いを込めて描いた絵馬が、当時の漁の様子を現代の私たちへ色鮮やかに伝えてくれるのです。
 この絵馬は“渚の駅”たてやま2階の常設展示室で展示しています。このほか、地引網漁の模型ジオラマや干鰯製造道具などの関連資料も展示していますので、ぜひご来館ください。




“渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)の情報はこちら


at 13時33分

2018年01月04日

「今月の逸品ver.2」 vol.9 山形県酒田海洋センターの「船舶模型 ユニバース・ジャパン」


「今月の逸品ver.2」第9回目は、山形県酒田海洋センターの「船舶模型 ユニバース・ジャパン」です。

ユニバース・ジャパンは、ユニバース・アイルランド級3番船の原油タンカーです。1969年から1971年までの間、世界最大級の船舶として名を馳せました。山形県酒田海洋センターには多くの船舶模型がありますが、その中でもユニバース・ジャパンは最も大きく、一際目立っています。石川島播磨重工業株式会社から御提供いただいたものです。


 

船名 ユニバース・ジャパン    船種 原油タンカー
船籍 リベリア          竣工 1969年3月20日 (石川島播磨重工業にて)

○要目
総トン数 149,609 トン      載貨重量 331,826 トン(326,585ロングトン)
全長 345.3 m           垂線間長 330.0 m
型幅 53.3 m           喫水 24.782 m
主機関 IHI-GE 蒸気タービン 2基
出力 37,400馬力(最大)34,000馬力(常用)
最大速力 15.1ノット        航海速力 14.6ノット
乗組員 53名+予備9名



山形県酒田海洋センターの情報はこちら


at 10時35分

2017年12月18日

「今月の逸品ver.2」 vol.8 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の「航海日誌・機関日誌」

「今月の逸品ver.2」第8回目は、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の「航海日誌・機関日誌」です。

昭和63年3月13日の青函トンネル開通により、青函航路に幕を閉じた青函連絡船。青森からの最終航行船の大役をつとめた八甲田丸。その最終航行時の航海日誌と機関日誌が保存されている。
航海日誌には、当時の工藤キャプテンの押印や佐藤チーフオフィサーのサインが記載され、様々な航海データの記録がのこされており、本誌は、実物資料として船内展示室で公開している。
機関日誌にも、様々な機関のデータの記録が残され、葛西チーフエンジニアのサインが記載されている。本誌は、数年前に船内機関部から発見され、貴重な実物資料として保存しており、年に1回程度、特別展示している。



  
  

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の情報はこちら 



at 10時29分

2017年11月22日

「今月の逸品ver.2」 vol.7 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の「戦艦『金剛』に搭載されたヤーロー式ボイラー」

「今月の逸品ver.2」第7回目は、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の「戦艦『金剛』に搭載されたヤーロー式ボイラー」です。

  ヤーロー式ボイラーは,20世紀初頭の世界の代表的な艦艇用ボイラーで,イギリスのヤーロー社が開発しました。大正2(1913)年の「金剛」竣工時36基搭載されていたこのボイラーは,重油と石炭の混焼型で,昭和3(1928)年の近代化改装開始の際「金剛」から降ろされました。当館展示のボイラーは戦後,科学技術庁金属材料研究所の建物の暖房用ボイラーとして平成5(1993)年まで使用されていたものです。
この資料は当館1階常設展示室「呉の歴史」で現在展示中です。ぜひご覧ください。

  

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の情報はこちら
 


at 13時28分

2017年10月02日

「今月の逸品ver.2」 vol.6 神戸海洋博物館の「船舶模型 練習帆船『みらいへ』(1/20)」


「今月の逸品ver.2」第6回目は、神戸海洋博物館の「船舶模型 練習帆船『みらいへ』(1/20)」です。

  練習帆船「みらいへ」は、大阪市が青少年の育成のために住友重機械工業㈱浦賀艦船工場で建造した前「あこがれ」です。1993年(平成5年)3月に竣工し、2007年(平成19年)からは大阪港振興協会の「セイル大阪」が運航して延べ 34,313 人の一般市民がセイル・トレーニングに参加してきましたが、年間維持費が約1億1千万円必要で、毎年約8千万円程度の赤字だったため、大阪市では2013年3月で船を利用した事業を廃止する事にしました。
市は民間ベースでの体験航海事業の継続を検討しましたが借り手が見つからず、橋下徹市長のリストラ計画で港務艇「夢咲」や「水都」と同様に売却が決定し、6月4日に7月末までに売却することを発表。一般競争入札で「あこがれ」のボランティア・クルーで海事代理士の小原朋尚さんが、旅行会社の財政支援を受けて 3,212万円で落札し、新たに一般社団法人グローバル人材育成推進機構を設立して船名を「みらいへ」、船籍港を「神戸港」に、船体色を白色から紺色に変更して2013年(平成25年)11月22日から再び体験航海を実施しています。また、本船の建造時に造られた縮尺20分の1の大型模型も船体色や船籍港、船名を「みらいへ」に変更して、現在は多くの市民や観光客が訪れる神戸海洋博物館のエントランスホールに展示しています。
国土交通省神戸運輸監理部や神戸海事広報協会、神戸市みなと総局、神戸港振興協会などで構成する神戸海事地域人材確保連携協議会では小学校4年生から中学生を対象にした海事人材の育成に取り組んでおり、練習帆船「みらいへ」や神戸港に就航する観光船を活用した体験航海も行っています。
当館に来られて「みらいへ」の大型模型をご覧になって興味を持たれた方は、神戸ポートタワー西側の旅客施設「かもめりあ」前に係留する実物を訪ねてみて下さい。是非、多くの方々に帆船「みらいへ」での体験航海にチャレンジしていただきたいと思います。


【練習帆船「みらいへ」要目】 

  

神戸海洋博物館の情報はこちら
 


at 10時43分

カレンダー

前の月 2018年08月 次の月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS