全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2015年02月19日

新着資料の紹介コーナー 第8回「呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム」

今回、新着資料としてご紹介するのは、呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムの「ワトキン傾斜計」です。

   


日本で潜水艦部隊が創設されたのは,日露戦争直後の明治38(1905)年10月のことです。呉は,昭和4(1929)年に呉海軍工廠内に潜水艦部が設置されるなど,潜水艦開発と製造の拠点となりました。日本海軍で建造された潜水艦234隻のうち,呉海軍工廠では終戦までのあいだに51隻が竣工しました(他に実験艦,潜水作業船がある)。
ここで新着資料として紹介する「ワトキン傾斜計」は,潜水艦乗組員が潜航中,船体の傾斜角度を測るのにもちいました。傾斜計の円筒部分を回転させ,水泡を中央に合わせ円筒の目盛りで傾斜角度を測定します。
本資料は,呉市の潜水艦乗組員の養成をおこなった海軍潜水学校で使われたもので,平成26年より常設展示室「呉と太平洋戦争」コーナーにおいて展示しています。

      

呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムの情報はこちら


at 10時41分

カレンダー

前の月 2015年2月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS