全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2012年04月25日

今月の逸品 vol.7 なにわの海の時空館の「ラッキードラゴン」



「今月の逸品」第7回は なにわの海の時空館の「ラッキードラゴン」です。


なにわの海の時空館では、平成23年11月から現代美術作家・ヤノベケンジ氏 制作の「ラッキードラゴン」の常設展示を始めました。
「ラッキードラゴン」は水の都の復活を掲げたイベント「水都大阪2009」のために制作されたもので、大阪の水辺を縦横に走り回り、火や水を噴くパフォーマンスで話題となりました。時空館ではそのドラゴンの一部である頭から首の部分を展示しています。



<ラッキードラゴンについて ※ >
水の都・大阪に現れたトらやん専用のアート船。 幸運をもたらす伝説の生き物として、静かに佇み、時に目覚めて羽根を広げ、魔法の火や水を噴き、 街の姿を不思議に変えていく、遊覧船を改造した巨大彫刻のこと。『水都大阪2009・トらやんの大冒険』にて中核的な役割を担う。 なお、ラッキードラゴンとは、1954年マーシャル諸島ビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験に遭遇し、 多量の放射性降下物を浴び被曝した遠洋マグロ漁船“第五福竜丸”の英語名である。

大きさ:10m×15.3m×4.5m、 重さ:約3.2トン、 素材:アルミニウム、FRPほか
※ 常設展示は、このうち頭と首の部分(約10m)のみです。船部分から取りはずされており、火や水は噴きません。


なにわの海の時空館の情報はこちら




at 14時31分

2012年04月16日

「タイタニック日本人生存者の手記」 横浜みなと博物館


横浜みなと博物館の志澤です。

春になり、横浜港には外国客船が来航しています。先々週の日曜日には、大さん橋にシープリンセスと飛鳥Ⅱ、山下ふ頭ににっぽん丸と3隻が同時に並びました。穏やかな晴天ということもあり、港周辺は外国人船客も含め多くの人の姿がありました。
さて、今年の4月15日は、当時世界最大のイギリス客船タイタニックが、処女航海中に北大西洋で氷山に衝突し、沈没してから100年になります。乗客乗員約2,200人中その7割に当たる約1,500人の犠牲者を出しました。「沈まない船」と宣伝されていた豪華客船の事故は、世界に大きな衝撃を与えました。
この海難事故は、船体構造のほか、最大搭載人員の約半数分の救命艇しか設置していなかったことやタイタニックからの遭難信号(SOS)の聴守が遅れたことなど、様々な問題が指摘されました。そして、船の安全確保についての機運が高まり、国際的な取り決めである、「1914年の海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS,1914)」が採択されことになりました。タイタニックの悲劇は、船舶の安全性確保に国際的に取り組む大きな契機になりました。
ところで、救助されたなかに日本人が一人いました。鉄道院副参事の細野(ほその)正文(まさぶみ)です。細野は1910(明治43)年にロシアのサンクトペテルブルグに鉄道事業研究のため留学し、その帰国の途上、イギリスのサウサンプトンからニューヨーク行きのタイタニックに二等船客として乗船し、事故に遭遇しました。細野は救助された客船カルパチアの船内で、偶然上着に入っていたタイタニック備え付けの便箋に、この出来事をしたためました。氷山衝突後の混乱、ボートから見た沈没していくタイタニック、救助後ニューヨークまでの航海中の様子などが、便箋の表裏に克明に記されています。
近年、タイタニックの資料が一部引き上げられるようになり、展示室や博物館がつくられています。しかし、現存するタイタニックの資料は非常に少なく、船会社ホワイト・スター・ラインのマークとタイタニックの船名が印刷され、さらに会社名の透かしの入ったこの便箋は、世界的に貴重なタイタニックの一級資料といえます。
2005(平成17)年、この便箋は所蔵者である細野正文氏のご子孫から当館に寄託されました。このたび、タイタニック沈没100年に合わせて、4月14日(土)から5月6日(日)まで、この便箋を特別公開することにいたしました。今回の展示が、この史上稀にみる大海難事故について、改めて考える機会になればと思っています。是非、ご高覧下さい。
なお、音楽家の細野晴臣氏は細野正文氏のお孫さんに当ります。

詳細はこちら









at 13時28分

カレンダー

前の月 2012年4月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS