全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2013年08月09日

今月の逸品vol.22 物流博物館の「菱垣船并ニ渡海之図 」

「今月の逸品」第22回は、物流博物館の「菱垣船并ニ渡海之図 」です。  




菱垣船并ニ渡海之図
巻子装 江戸時代 伝黒川真頼旧蔵

 

菱垣廻船を描いた図と、航路図が一つの巻子に表装されています。


 菱垣廻船は大坂・江戸間を往来した船で、多くの日用品などを江戸へ運びました。船の種類は弁才船。菱垣廻船は舷側が菱垣模様に組んでいるのが特徴で、最盛期には200隻ほどが就航していました。大坂・江戸間を江戸時代後期には2~3週間程度で結んだといいます。

 本図の菱垣廻船には、船尾に近いところに手漕ぎの櫓が描かれています。帆とともに櫓を用いる弁才船は初期のものに見られたといいますが、17世紀末以降、弁才船は帆走専用化が進み、櫓は使われなくなったといわれています。
また、よく見ると船尾にマル通の印の入った旗を掲げています。この旗が何を意味するのか明らかにしませんが、海上の番所を通行する際に通行許可の証として掲げたのではないかという説があります。


 「渡海之図」部分には、熊野大嶋(紀伊大島)から沿岸を行く地乗りルートと、伊豆下田に直乗りする沖乗りルートの2つの海上ルート、大津から江戸までの東海道の陸路ルートが朱書きされています。沿岸の地名や航路の各地点間の里数などの記入もあります。






物流博物館の情報はこちら




at 10時07分

カレンダー

前の月 2013年8月 次の月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS