全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2016年05月06日

新着資料の紹介コーナー 第23回「関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)」


今回新着資料として紹介するのは、関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)の「平家蟹(ヘイケガニ)の標本」です。

関門海峡ミュージアムでは関門海峡にまつわる歴史資料と人形展示を行っています。

其の中でも壇ノ浦の戦い(1185年)で敗れて散った平家の無念をなぞらえ、「平家の亡霊が乗り移った」という伝説が生まれたとも言われる、「平家蟹(ヘイケガニ)」について紹介します。

節足(せっそく)動物門・十脚目(じっきゃくもく)・ヘイケガニ科に分類されています。
このヘイケガニは実在する蟹であり、瀬戸内海や九州沿岸に多く生息しています。

体色は一様に褐色をしており、甲幅・甲長とも20mmほど。甲は丸みのある台形で、上から押しつぶされたように平たい。甲は筋肉がつながる位置にくっきりした溝があって各区域を仕切っています。上から見ると吊りあがった目(鰓域前部)、だんご鼻(心域)、固く結んだ口(甲後縁)で、人の怒った表情にも見えます。

壇ノ浦での戦いで敗れた平家の怨念が宿ったとされ、甲の凹凸と模様が人間の怒り・苦悶の表情に似ているため、平家蟹は食用でないにもかかわらず有名なカニとなっています。
大和本草では長門・豊前での別名を「キヨツネガニ」と言うが、これは1183年に豊前・柳が浦で入水した平清経に因む命名でもあるようです(因みにキヨツネガニに関する古文書の原文には「キヨツ子ガニ」とあり、清盛の子供の蟹、すなわち平家一門の蟹とも解釈できる)。
高知県ではクモガニと呼ばれるが、これは脚が長いことに由来します。

大きな歴史と密接したこの平家蟹、不思議なこの甲羅はいったい何を伝えているのでしょうか?



関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)の情報はこちら



at 14時31分

2016年04月11日

新着資料の紹介コーナー 第22回「瀬戸内海歴史民俗資料館」


今回新着資料として紹介するのは、瀬戸内海歴史民俗資料館の「ボラ漁絵馬」です。
香川県三豊市仁尾町の大北戎神社に奉納されていたもので、明治41(1908)年の旧12月に行われたボラ漁の様子を描いた絵馬です。山の上から白布張りのザイと呼ばれる指揮棒を持った魚見が、ボラの集まり具合を見て操業の合図をし、地びき網をひいているところを描いています。中央の網の中には、ボラの群れが見えます。この年は、ボラ10万本という未曽有の大漁を記録したと伝えられています。
瀬戸内海は、多様な生物やたくさんの魚が生息する、とても豊かな海です。今後も、さまざまな資料を通じて瀬戸内海の魅力を伝えられたらと思っています。

ボラ漁絵馬


瀬戸内海歴史民俗資料館の情報はこちら


at 13時19分

2016年03月01日

新着資料の紹介コーナー 第21回「神戸大学海事博物館」

今回新着資料として紹介するのは、神戸大学海事博物館の「海事博物館企画展2017-神戸における海技者教育100年の歩み」です。

海事博物館がある神戸大学の深江キャンパス(大学院海事科学研究科・海事科学部)は私立「川崎商船学校」にその源を発します。川崎造船所の創立者である川崎正藏翁は『四面環海の我が国は海運の発展によって台頭する』と唱え、その遺志を継いだ息子の川崎芳太郎氏により1917(大正6)年、兵庫県武庫郡本庄村深江の浜に同校は誕生し、翌、1918(大正7)年3 月には第1 期生が入学しています。その後、1920(大正9)年8 月に国へ移管され、我が国2 番目の官立商船学校として文部省直轄の神戸高等商船学校が発足、同年11月には神戸高等商船学校第1 期生(航海科28人・機関科30人)が入学して修業年限4年半の海技者(船員)教育が本格化します。
爾来、1925(大正14)年改称の東京高等商船学校《1875(明治8)年、私立「三菱商船学校」として発足、1882(明治15)年の官立東京商船学校を経て東京高等商船学校へ》と肩を並べ、資源に乏しい日本の生命線を維持するため、共に数多くの商船士官を輩出し、国家の発展に大きく貢献しながら、昔も今もそして将来にかけても日本に不可欠なインフラである海運の発展とともに社会的責任を果たしてきました。商船士官教育の殿堂として、東の東京を「越中島」、西の神戸は「深江」(の商船学校・大学)と愛称で呼ばれています。
2017(平成29)年に創基100 周年を迎えることから、「神戸における海技者教育100 年の歩み」と題して企画展2016 を夏季に開催し、常設展示に加えて、私立川崎商船学校から現在に至る海技者教育の変遷を深江キャンパスの歴史とともに紹介します。

企画展2015「大戦中の日本商船 船員の姿」が終了しましたので(展示は維持)、次期企画展「神戸における海技者教育100年の歩み」に係る資料紹介をします。


  

  

神戸大学海事博物館全景
開館日: 月・水・金の13:30 ~ 16:00( 祝日を除く)
お問い合わせ: 海事博物館事務室078-431-3564
海事博物館http://www.museum.maritime.kobe-u.ac.jp


神戸大学海事博物館の情報はこちらへ


at 14時34分

2016年02月03日

新着資料の紹介コーナー 第20回「貝塚市立自然遊学館」

今回新着資料として紹介するのは、貝塚市立自然遊学館の「スナメリの骨格標本と剥製」です。

 スナメリはクジラ目ネズミイルカ科に属する世界最小のクジラとして知られています。これまでにも貝塚市内ではスナメリ死体の打ち上げがあり、そのうちの一体は全身骨格標本として、館内に展示しています。

 

 平成28年1月7日、大阪府貝塚市二色の浜海浜緑地の海岸でスナメリの死体ストランディング(打ち上げ)がありました。
 現在、剥製として展示すべく、業者に製作してもらっています。サイズは全長約165cmです。
 年内には、館内でスナメリの剥製と骨格が見られる大阪で唯一の博物館になる予定です。
 是非、貝塚市立自然遊学館へお越しください

貝塚市立自然遊学館の情報はこちら



at 10時10分

2016年01月18日

新着資料の紹介コーナー 第19回「うみてらす14」


今回新着資料として紹介するのは、うみてらす14の「外航コンテナ船「SITC YOKKAICHI」の模型」です。

四日市港では、1年間に17,000隻もの船が入港しています。
オイルタンカーやLNG船、コンテナ船といった船が入港しており、展望展示室ではそれらの船の150分の1ほどの模型が展示されています。
中でも注目していただきたいのは、外航コンテナ船「SITC YOKKAICHI」の模型です。「SITC YOKKAICHI」とは、中国・上海に本社を置く海運会社「SITC社」が新造した船で2012年12月5日に四日市港へ初入港しました。外航船(外国航路を行き来する船)の船名に「四日市」の名前が付けられたのは初めてのことです。
展望展示室「うみてらす14」では、地上90mの高さから実際に入港中の船や、荷物の積み下ろしの様子を間近に見ることができます。ぜひ、展示模型の船を捜してみてください。


 
うみてらす14の情報はこちら





at 10時28分

カレンダー

前の月 2019年11月 次の月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS