全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2013年01月07日

名古屋港ポートビル「港から始まる2013年」を開催しました

あけましておめでとうございます 
名古屋港では、元旦に地上53メートルの高さにあるポートビル展望室から初日の出を迎えていただくイベントを、今年も開催しました。 
定員は200名で事前申込が必要ですが、毎年抽選が行われるほど、人気のあるイベントの一つです。
朝7時からの日の出に向けて、6時から受付を開始して日の出を待ちます。
すでに初詣に参られ破魔矢をお持ちの方や、日の出の瞬間をカメラに収めようと三脚をお持ちになった方などで展望室がにぎわいました。
当日は晴天に恵まれ、日の出の時刻とほぼ同時刻に太陽が山間から顔を出し、来場者から歓声が上がりました。
また、参加者にはお土産に名古屋港のマスコットキャラクター『ポータン』と『ミータン』などが印刷されたオリジナル煎餅がプレゼントされ、正月のおめでたい雰囲気をいっそう盛り上げるのに一役を買いました。
本年も名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ並びに名古屋港をどうぞよろしくお願いいたします。

  

 

at 10時10分

2012年12月20日

クリスマスイブの名古屋港は「Star★Light HA・NA・BI」


クリスマスイブの名古屋港は「Star★Light HA・NA・BI」

   

名古屋港一体がさまざまなイルミネーションで飾られる「Star★Light Revue2012」(12/25まで)。
巨大なクリスマスツリーやライトアップされた町並みが今年も多くのお客様の目を楽しませています。

そのクライマックスを飾るのが毎年イブの夜に行われる「Star★Light HA・NA・BI」です。
会場内の音楽に合わせて打ち上げられる「メロディー花火」やクリスマスにまつわる物語の紹介など、様々な演出で
今年も寒い夜空を暖かく盛りあげます。

 

花火の打ち上げ開始は24日の19時から。
また、18時と20時からはポートハウス特設ステージにおいてクリスマスソングを中心としたジャズオーケストラコンサートも開催されます。

ぜひ、名古屋港でステキなイブをお過ごし下さい。

*各イベントとも天候などの諸事情により変更及び中止となる場合がございます。
  写真は昨年度開催時のものです。


at 11時24分

2012年12月07日

2012年12月1日(土) 第6回『星空観察会』を開催しました ~名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ


かつて航海に欠かせなかった天測。
「星空観察会」は、名古屋港に係留展示中の『南極観測船ふじ』の甲板から望遠鏡を使って星の観察を行うもので、
毎回多くの応募がある人気イベントです。

講師に 日本天文学会
      天文教育普及研究会 一般普及分野委員
      浅田 英夫 氏

を迎えての開催になり、今年は定員の3倍近い応募がありました。

 毎年起こる天文時事に絡めたユーモアたっぷりの講演は定評があり、今年は『おーい宇宙人 ~まじめな宇宙人探し~』と題して、地球外生命体が存在する可能性やその研究、かつて水が存在した星などを紹介していただきました。
参加した皆様からも
「様々な宇宙の神秘に触れることができ、凄くよかったです」「疑問や質問などにもわかりやすく丁寧に説明してくださり、もっとお話を聞きたいと感じました」などの意見をいただき、盛況に終わりました。

 講演に続き、会場となった「南極観測船ふじ」の建造ドキュメンタリー映画、『ふじ誕生』の上映と、船内での夕食会が実施されました。この夕食の献立は、ふじ当時の観測隊員が船上や南極大陸でとった食事にちなんだ食材を使用したものになっています。
夕食のあとは、ふじ船内の案内が行われました。参加者は乗組員達のベッドに横になって、航海当時の雰囲気を体験しました。

 最後のイベントとなる望遠鏡を使った天体観測では、晴天に恵まれ甲板からは月や木星、様々な恒星や星団、星雲などを観測することが出来ました。
参加者は、普段は遠い存在である宇宙や星々に思いをはせながら望遠鏡をのぞいては、歓声を上げていました。

 「星空観察会」は来年度も12月頃に実施予定です。
県外からの応募も多数あるイベントですので、ご応募お待ちしております。



at 10時54分

2012年11月05日

「第27回 名古屋港を描いた作品コンクール」を開催しました!!


平成24年11月3日(土・祝)
毎年文化の日に行われるイベント「名古屋港を描いた作品コンクール」
名古屋港の風景や船、また未来の名古屋港などの想像画など
を幼小中学生から募集する作品コンクールも、今年で27回目を迎えました。

例年多くの作品が寄せられ、前年度は720点の作品の中から特選8点、入選20点、佳作30点の計58点の作品が入賞しました。

今年も多くの応募者が名古屋港をにぎわせました。






名古屋海洋博物館の情報はこちらへ

at 11時22分

2012年10月03日

株式会社フジトランス コーポレーションから船模型の寄贈~名古屋海洋博物館


株式会社フジトランス コーポレーションから名古屋港・名古屋海洋博物館へ船模型が寄贈されたことを受け、9月28日(金)に同社への感謝状贈呈式を行いました。

贈呈式では、名古屋港管理組合山田孝嗣専任副管理者(財団法人名古屋みなと振興財団理事長)から株式会社フジトランス コーポレーション系井(けいい)辰夫代表取締役社長へ感謝状を手渡しました。

寄贈された船模型は名古屋海洋博物館内で展示中です。なお船模型の詳細については以下のとおりです。

船模型 自動車専用船「ふがく丸(二代目)」(1/100)
規格:全長1650mm 全幅264mm 高さ380mm
寄贈者 株式会社フジトランス コーポレーション
代表取締役社長 系井 辰夫 様
展示場所 名古屋港ポートビル3階 名古屋海洋博物館内







at 10時08分

カレンダー

前の月 2019年12月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS