全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2013年08月20日

ボトルシップ入門教室を開催しました


名古屋海洋博物館では8月4日に毎年恒例のボトルシップ入門教室を行いました。
この教室は当博物館の人気企画のひとつで小学生から大人の方まで様々な年代の方、約100名に参加して頂けました。



ボトルシップ愛好会の講師の方に丁寧に指導を受けみなさん一生懸命ボトルシップを製作中。



参加された方からは
「宝物になった。」
「さっそく自分の部屋に飾ります」と言った嬉しいお言葉を頂きました。

イベント帰りには会場受付に展示されていた講師の方が作ったボトルシップを「先生が作ったボトルシップはやっぱりすごいねー」と熱心に眺めている方がたくさんみえました。



今までビンの中にどうやって船を入れているのか不思議に思っていた方も実際に作ってみることで船をビンの中に入れる仕組みがわかったかと思います。

また11月2日から12月22日の土日祝にもボトルシップ制作教室が開催されますので興味のある方はぜひご参加下さい。

お待ちしております。

名古屋海洋博物館のイベント情報はこちら


at 14時07分

2013年08月13日

北前船復元船「みちのく丸」乗船記


 前回ご紹介した「みちのく丸」の東京港入港の続編です。写真でお伝えします。


 8月5日午前9時18分。10号その1多目的ふ頭の前面海域に「みちのく丸」は姿を現しました。舳先に立つのが、表(航海長)です。




 9時22分接岸。もやい綱をピアにかけ、人力で船を岸壁にたぐり寄せます。写真は船頭(船長・左)と知工(事務長・右)の力感あふれる係船作業の様子です。

 最近のプレジャーボートのようなエンジン操作で着岸できる船とは異なる和船の接岸・着岸シーンは見ているだけで思わず力が入ります。

 係留中のみちのく丸。和船独特の舵の様子がよくわかります。

ちなみに航海中は「表」が舳先に立ち、「船頭」は艫屋倉(後部のデッキ)に、その前の舵柄あたりに親仁(水夫長)が位置取りするのがルールだったようです。




コンパクトな式典のあと、関係者に船内が公開されました。

写真左は、復興大使の作文朗読の様子。右は、主要スタッフの勢揃い。


      

船内には当然ながら神棚もあります。確認しなかったのですが、神棚の下の段には仏壇を収められる空間があったはず。

この狭い空間に13人からの乗組員が枕を並べたというのも驚きですが、現在の船舶のように水密構造ではないので、安全面だけでなく居住性も低かっただろうと思います。


午後1時葛西沖に向けて出航。途中は英気を養うためお休み。寝返りを打ったら大けがしそうな場所でウトウト・・・



     


1時52分いよいよ展帆。

これが実に楽ではない。無数のロープを操り、体力勝負。まさに格闘技の世界。 

帆柱にウチマワシを取り付け、ロープをほどいていると、帆桁がきしみ、ボンという音とともに突然、片方の帆が開いた。

前後のタグボートが船を安定させているので安心だが、帆が頭上に降ってきて一瞬恐怖を覚える。




帆に引きずられないように、全身の重みをかけロープを操る。一瞬の判断の遅れが事故につながる。



     




 かくして見事展帆に成功。船はゆっくり帆走している(のは、嘘。あまりに風が強く危険なため、7部ほどまでしか帆をあげず、なお且つ後方のタグボートがブレーキをかけて速度の上がるのを防いでいる。結局2ノットほどのゆっくりした速度の帆走を楽しんだ。)。


2時14分。葛西沖帆走のシーン。

これで本日の航海は終わり、ではない。

帆を降ろすのがまた大変。

帆があちこちに絡まり、船上はてんやわんやの大騒ぎ。(作業をしている方にしてみれば普通の手順なのかもしれないが、見ている方からは、大騒ぎに見える)

感心したのは、1枚に見えた帆が4つのパートに分かれて収納されたこと。なんともよく工夫されている。

さあ、帰ろう。

かもめに見送られて再び多目的ふ頭に。



  


どうでしたか、「みちのく丸」乗船記。激暑の夏を吹き飛ばせてくれましたでしょうか。
 

写真は私(伊藤)のものと、船の科学館飯沼学芸部長の作品を使わせていただきました。


at 15時42分

2013年07月19日

江戸人も経験したことのないシーンを体験することができます(みちのく丸東京港入港)


江戸人も経験したことのないシーンを体験することができます(みちのく丸東京港入港)

  8月5日(月)に「みちのく丸」が東京港に入港します。着岸・係留場所は10号地その1の多目的ふ頭(ビッグサイト横)です。予定では、5日午後に若洲・葛西沖のヨット訓練水域周辺で展帆し、実際に走航しますが、8月7日(水)には東京港を出港するので実物を見られるのはわずか3日間です。  


「みちのく丸」は、青森県の「公益財団法人みちのく北方漁船博物館財団」が建造・所有する北前船の復元船で、現在では自力走航できる唯一の千石船です。150トン積で喫水は3mほどあります。

みちのく丸の入港は、江戸時代の珍しいシーンが再現されるというよりも、江戸人も経験したことのないシーンが見られる点に大きな意義があります。一つには、北前船は日本海沖から瀬戸内海へ来航する廻船であり、菱垣廻船や樽廻船のような江戸湊に来航する船ではないことが挙げられます。北前船が江戸湊に入港するシーンは江戸人もまず見たことはなかったでしょう。



 それよりももっと江戸湊を知る上で、本質的な意義があります。上の写真をご覧ください。これは、東京みなと館の江戸湊の復元模型です。新川河岸(現:中央区新川)に灘、伊丹から新酒が運ばれてきたシーンが再現され、小さな艀に4斗樽が満載されて運ばれてくる様子がよくわかります。でも、観察眼の鋭い方ならすぐ気が付くのは、大きな千石船の姿がどこにもない、という点です。
江戸湊は隅田川河口に開かれた河口港で、上流から大量の砂が流されてきて海域が埋まってしまうという宿命をもっていました。
下の写真をご覧ください。明治39年の水深図です。台場より北側の水深は2mがやっとのところで、江戸湊には、喫水が3m近い千石船は入港できなかったことがわかります。当然、着岸できる岸壁・ふ頭なども整備されておらず、千石船は、品川沖などに停泊して積荷を艀に移して運ぶ荷役スタイルが大正期まで続きました。
 千石船(みちのく丸)の東京港に着岸・係留は、江戸人が見たくても見ることのできなかったシーンなのです。

 東京港が近代的港湾に整備されていくのは関東大震災後のことですが、それについては別の機会にご説明します。


東京みなと館の情報はこちら



at 10時50分

2013年07月08日

世界自然遺産「小笠原諸島」と「伊豆諸島」にまつわる知られざる歴史



 夏です!夏休みの計画はもうバッチリでという方も多いと思いますが、まだの方、東京には世界自然遺産の小笠原諸島と身近な伊豆諸島があります、東京の島も素敵ですよ。というわけで、東京みなと館は9月末まで写真展「東京の島々」を開催しています。
  
 ところで、「小笠原」の名前の由来はご存知でしょうか?また、小笠原諸島や伊豆諸島が何故東京都に帰属しているのか不思議に思ったことはありませんか?実は、これには意外な歴史的経過があるのです。

 日本人による「小笠原」の発見は、記録によると1670年のことです。阿波のみかん船が無人島(むにんとう。後の小笠原)に漂着し、帰還後地図と共にその報告が幕府にあがってきました。しかし、幕府は何もせず放置してしまいます。
 その後、1727年に小笠原宮内貞任なる人物が小笠原諸島について「先祖の小笠原貞頼が1593年に発見した」と称し、渡航願いを江戸町奉行に提出しました。ところが調査の結果、貞頼発見説は偽りとわかり貞任は江戸を追放されてしまいます。
 時は移り、外国船が日本近海に頻繁に現れるようになり、ペリーが小笠原諸島で調査をするなど四海はにわかに波高くなってきました。これに危機感を覚えた幕府は小笠原を日本領土と主張することにしました。その証拠は古ければ古いほど良いという立場から、なんと貞頼発見説を追認することにしたのです。その甲斐あって、めでたく1876年に「小笠原」は国際的に日本領有と認められました。
 これで話はおしまいではありません。今度は小笠原の帰属問題が伊豆諸島に飛び火します。

 明治政府は小笠原を帝都・東京に帰属させることが政治的・経済的・軍事的に得策と判断しました。そうなると途中にある伊豆諸島を静岡県に帰属させておくのもいかがなものかということになります。そこで、明治9年に静岡県に編入されたばかりの伊豆諸島を、明治11年に東京府に移管することを決定しました。かくして一体であった伊豆半島と伊豆諸島は分割され、伊豆諸島の島人は2年間だけ静岡県民を経験したあと東京府(都)民を名乗ることになったのです。

 どうですか?「へー、こんな歴史があるの!この夏、島に行ってみたーい」と、思ったでしょ?



東京みなと館の情報はこちら


at 10時46分

2013年03月27日

【 みなとの博物館シンポジウムのご案内 】




みなとの博物館シンポジウム

~いま、みなとの博物館を考える~


日 時 平成25年4月12日 14時 ~
 


  主 催: みなとの博物館ネットワーク・フォーラム

  後 援: 国土交通省港湾局

       財団法人日本博物館協会

  日 時: 平成25年4月12日(金) 14時~ 19時30分

  場 所: ホテルアジュール竹芝14F 天平の間

 1.開会

 2.主催者挨拶  みなとの博物館ネットワーク・フォーラム会長 戸髙 一成

 3.来賓挨拶    国土交通省 港湾局 海洋・環境課長 池上 正春

 4.基調講演 (14:30~16:30)

 「なにわの海の時空館のケースに見る博物館のこれから」 石浜 紅子(元 なにわの海の時空館館長)

 「がんばれ! 日本の博物館」 半田 昌之(財団法人日本博物館協会 専務理事)  

 5.コーヒーブレーク(16:30~16:50)

 6.講師を囲んで意見交換会(16:50~17:50)

      司会:みなとの博物館ネットワーク・フォーラム事務局 橋間 元德

 7.閉会

 8.交流会(18:00~19:30) 



お申し込み等詳細は

at 15時36分

カレンダー

前の月 2019年12月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS