全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2020年07月06日

「今月の逸品 ver.3」 vol.2 横浜みなと博物館の「戦時標準船 江ノ島丸模型」

 横浜みなと博物館常設展示室「戦争と接収」のコーナーで展示している「戦時標準船 江ノ島丸模型」(縮尺1/100)を紹介します。
 江ノ島丸(6,932総トン)は1943(昭和18)年に三菱重工業神戸造船所で建造された、2A型戦時標準船です。2は第二次戦時標準船であること、そしてAは船の大きさを示し、標準船のなかでも最も大きな船型でした。海上輸送の主力として計画された2A型戦時標準船は、1943~45(昭和18~20)年にかけて、国内9造船所でおよそ120隻が建造されましたが、江ノ島丸はその中で最初に完成した船です。
 戦時標準船は、戦時において兵員や物資を運ぶ輸送船を早く大量に建造するために、規格化された船のことをいいます。第一次戦時標準船では、戦後の商業航海への復帰を考慮した設計が行われましたが、太平洋戦争が進むにつれて喪失船舶量が甚大となると、それを考慮する余裕もなくなり、量産と資材節減を主眼とした第二次戦時標準船の建造が進められました。江ノ島丸は1943(昭和18)年8月に起工、およそ4か月後の同年12月に竣工しました。直線的な船体の江ノ島丸模型を見ていると、戦時の緊張感が伝わってくるような気がします。江ノ島丸は、太平洋戦争中は陸軍の輸送船として活動し、終戦までに3度空爆や触雷で被害を受けました。戦後は復員輸送にあたりましたが、1946(昭和21)年1月に中国の揚子江河口で触雷、沈没しました。建造から沈没まで2年あまりの短さでした。
 今年は戦後75年。太平洋戦争を語り継ぐ資料として、江ノ島丸模型をこの機会に大勢の方々にご覧いただきたいと思います。


   戦時標準船 江ノ島丸 模型


横浜みなと博物館の情報はこちら


at 14時15分

2020年06月08日

「今月の逸品 ver.3」 vol.1 船の科学館の「大型スクリュープロペラ(実物)」


「今月の逸品ver.3」第1回目は、船の科学館(東京お台場)の屋外展示物でひときわ目を引く黄金色に輝く直径6メートル、重量15.3トンの巨大な4翼一体型の大型スクリュープロペラ(実物)です。

 製造したのは、船舶用のプロペラメーカーとして世界トップシェアを誇るナカシマプロペラ株式会社(岡山県岡山市)、同社よりその主力製品であるこの一体型固定ピッチプロペラをご寄贈いただきました。
本プロペラは5万総トンクラスの大型船に用いられるもので、アルミニウムとニッケルを含む銅合金で出来ており、実物同様に鋳型に流し込み専用加工機(NC制御)で加工、熟練工による表面仕上げを施して製造されたものです。実際に使われているプロペラと異なるのは、黄金色の輝きを失わないよう表面に特殊なコーティングを施してあることと、刃物のように鋭いエッジを少し丸く仕上げてあることぐらいとのこと。
表面仕上げで生じた独特の研磨模様は、まるで現代アート作品の様でもあり、一見の価値があります。


●事務局より
現在、船の科学館は新コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館を継続しており、見学できません。再開の日時が決まりましたらお知らせします。







  <大型スクリュープロペラの解説サイン>


at 14時26分

2020年03月12日

「今月の逸品ver.2」 vol.34七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場の「モントレージャズフェスティバル in 能登 10周年記念モニュメント」

「今月の逸品ver.2」第34回目は、七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場の「モントレージャズフェスティバル in 能登 10周年記念モニュメント」です。
七尾市の姉妹都市、米国モントレー市との交流は1986年に始まりました。
1995年に七尾市はモントレー市と姉妹都市提携を締結しました。
世界で1ヶ所だけ『モントレージャズフェスティバル』(以降「MJF」と称す)の名称の使用を許された街として毎年開催され31回を数えています。
1998年に「MJF(USA)40周年」「MJF in 能登10周年」を記念して相互にモニュメントを贈りました。
現在、モントレーホールには能登食祭市場の歴史やジャズフェスティバル記念の展示が、また、ジャズ演奏会・ピアノ発表会等で利用されています。
     
  モニュメント寄贈団体 米国モントレー市 及び モントレージャズフェスティバル 
 


七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場の情報はこちら

at 14時44分

2020年02月14日

「今月の逸品ver.2」 vol.33神戸築港資料館ピアしっくす の「L型浮ドック」

「今月の逸品ver.2」第33回目は、神戸築港資料館ピアしっくす の「L型浮ドック」です。
明治38年(1905)にオランダが世界で初めて、鉄筋コンクリートケーソンを使って岸壁を建設しました。その2年後の明治40年(1907)に、神戸港の本格的修築工事(第1期修築工事:新港第一突堤から第四突堤)に日本で初めて鉄筋コンクリートケーソン構造の岸壁が採用されました。
L型浮きドックは、ケーソンを進水させるために特別に建造された構造物で、イギリスのクラーク・アンド・スタンフィールド社の設計により明治43年(1910)神戸川崎造船所にて建造されました。昭和16年(1941)には軍の要請により今治港の岸壁工事で使用され、第二次世界大戦後は、宇野、高松各港で使用されましたが、昭和26年(1951)からは、再び神戸港にて稼働し、昭和59年(昭和34)までに約1,500函のケーソンが製造されました。神戸築港資料館ピアしっくすには、実際のL型浮ドックの1/50模型を展示しております。L型浮ドックでのケーソン進水の仕組みを実際にボタンを操作し体験することも可能です。


 
  L型浮ドックの模型(1/50)


 

  実際のL型浮ドック(神戸港)


神戸築港資料館ピアしっくすの情報はこちら




at 11時02分

2020年01月09日

「今月の逸品ver.2」 vol.32わかちく史料館の「若松港築港関連施設群」

「今月の逸品ver.2」第32回目は、わかちく史料館の「若松港築港関連施設群」です。

明治初期までの洞海湾は、干潮時にはほとんどの地盤が露出するほどの遠浅の内海でした。明治23年以降若松港は、筑豊炭田からの石炭を積出す港として開発され、大型船が運行できるよう浚渫により航路を確保し、積出岸壁も整備されました。そして、大正期には日本最大の石炭積出港として繁栄しました。
そこで歴史的土木構造物の保存に資するものとして、令和元年11月16日に『土木学会選奨土木遺産』に若松港が認定されました。その関連施設群のなかから[東海岸係船護岸]・[測量基準点]の紹介です。

    東海岸係船護岸

 

  1892年に防波堤として建設された石垣です。延長1700mのうち約850mが護岸として現存しています。

   測量基準点

 

  明治時代に使用された測量基準点です。わかちく史料館敷地内に当時の標石をそのまま展示しています。



<施設情報>
1890年に若松築港会社(現・若築建設株式会社)が設立され、洞海湾の港湾整備や運営管理を一手に担いました。それにより石炭の輸送効率が飛躍的に向上しました。その後、若松港は日本一の石炭積出港へと発展し北九州工業地帯の骨格が形成されました。
わかちく史料館では、若松と共に歩んできた当社の軌跡をたどりながら、洞海湾の開発事業の歴史や石炭景気に沸いた当時の人々の暮らしに触れることができます。往時を伝える貴重な資料が多数展示され、写真、映像、模型をはじめとした豊富なコンテンツで大人から子供まで楽しく学べるようになっています。


施設名:わかちく史料館      住所:福岡県北九州市若松区浜町1-4-7   TEL:093-752-1707 
開館時間:10:00~16:00    定休日:月曜日・祝祭日・年末年始
アクセス:・JR戸畑駅より若戸渡船に乗船 若松渡場より徒歩約5分    ・JR若松駅より徒歩約15分

入館料:無料           駐車場:有  
予約:団体の場合予約必要    見学所要時間 約 40分

わかちく史料館の情報はこちら

at 10時18分

カレンダー

前の月 2020年07月 次の月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS