全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2019年08月09日

「今月の逸品ver.2」 vol.27 海の博物館 の「クジラモリ」


「今月の逸品ver.2」第27回目は、海の博物館の「クジラモリ」です。

 志摩半島から熊野灘にかけての沖合では、秋から春にかけて、黒潮に乗ってクジラが行き来する海域でした。
 古い文献や絵図には、この地域で行われていたクジラ漁の様子が残されています。
16世紀頃には、クジラを銛で突く古式捕鯨という方法で、クジラを獲っていました。1隻に15人ほどの漁師が乗った鯨船15~20隻が船団を組み、総勢300人ほどで行われます。クジラを見つけると、クジラに近づいていき、小型の銛から大型の銛へと順に打っていき、数十本打ったところで弱りかけたクジラにとどめを刺すケンを突き立て、最後に勇敢な漁師が、クジラに飛び移り、短刃でクジラの鼻を切ります。ここで、クジラを仕留めたことになります。ただ、この古式捕鯨は、銛を打ち込まれ、逃げ惑う巨鯨と向き合う、とても危険な命がけの漁でした。
 「クジラ一頭獲れば七浦賑わう」と言われていたほど、クジラは肉以外にも油、骨、皮、歯、髭の一本まで捨てるところが無く、クジラ一頭獲れることで、近隣の村々まで潤うほどでした。そのため、捕鯨が盛んであった熊野灘沿岸の地域には、クジラ供養塔や、捕鯨記念碑など、人々のクジラへの想いが碑に残されています。
 海の博物館には、たくさんの捕鯨用具が収蔵、展示されています。クジラを突いた大小の銛や、クジラを解体する包丁、鮮やかな色彩が施された全長13メートル余の鯨船、そして古式捕鯨用具に限らず、近代的な捕鯨砲などの資料もあります。
以上のように、日本人との伝統的で密接な関りをもってきたクジラですが、漁の対象物としてだけでなく、その雄大な姿や流線型のフォルムから、人々の心を惹きつけ、絵画や立体造形、生活用品のデザイン、玩具など、クジラをモチーフにした作品や商品などがたくさん作られています。今回、海の博物館では、そのような作品や商品をたくさん集め、特別展「クジラはアートだ!」を開催しました。見て楽しい展示ですが、捕鯨史や生態の情報も盛り込んでおり、小さなお子様や海外の方でも直感的にクジラの魅力を感じ、ひいてはクジラたちが暮らす海に対しても興味を深めて頂くことができればと思います。


 

海の博物館の情報はこちら


特別展「クジラはアートだ!」についてはこちら



at 15時19分

2019年07月11日

「今月の逸品ver.2」 vol.26 敦賀市立博物館の「ウラジオストク行きのパスポート」(明治39年)

「今月の逸品ver.2」第26回目は、敦賀市立博物館の「ウラジオストク行きのパスポート」(明治39年)です。

 今回紹介するのは、明治39年(1906年)に発行された「ウラジオストク行きのパスポート」です。行き先の欄に「浦塩斯徳(ウラジオストク)」の文字が書かれています。
 当時敦賀―ウラジオストク間は片道約39時間かかり、週3回の運航便が貨客の輸送にあたったそうです。
 敦賀港は明治32年(1899年)に外国貿易港としての指定を受けました。日露戦争(1904―1905)で一旦は貿易を中断しましたが、このパスポートが発行された1年前に日本は日露講和条約に調印し、ロシアとの貿易を再開しました。ロシアはウラジオストクを「東亜への門戸」として貿易の回復に力を注いだといいます。明治39年~大正中期にかけて年々敦賀港からの農産物や綿製品の輸出量が増加し、旅行客が増えたこととあいまって敦賀港は欧亜交通の幹線となりました。
 こちらの資料は当館の1階展示室にてご覧になれます。

     

 
敦賀市立博物館の情報はこちら

at 13時42分

2019年06月12日

「今月の逸品ver.2」 vol.25 日本海事センター海事図書館の「ロイズレジスター」

「今月の逸品ver.2」第25回目は、日本海事センター海事図書館の「ロイズレジスター」です。

ロイズレジスター(正確な書名は「Lloyd’s Register of Ships」。「ロイドレジスター」「ロイズ船名録」とも呼ばれます)は、イギリスのロイド船級協会が作成した船名録です。当初はロイド船級を与えられた船のみが掲載されていましたが、その後、他の船級を与えられた船も掲載されるようになり、最新版の2018-2019年版には世界中の100総トン以上の船、20万隻以上が収録されています。

 当館では、創刊された1764年から1833年のものをリプリント版で、1876年版から現在までをオリジナル版で所蔵しています。第2次世界大戦の前後(1941年~1948年)は残念ながら所蔵していませんが、その他は全て揃っており、来館された方は書棚から自由に手に取って閲覧することができます。一部、紙が劣化してしまったものについては、マイクロフィルムで閲覧が可能です。



   

                

日本海事センター海事図書館の情報はこちら



at 11時01分

2019年05月10日

「今月の逸品ver.2」 vol.24 海とくらしの史料館 の『「ホホジロザメ」のはく製』

「今月の逸品ver.2」第24回目は、海とくらしの史料館 の『「ホホジロザメ」のはく製』です。

当館の「ホホジロザメ」のはく製を紹介します。
体長3.9mの雄のサメです。

映画「JAWS」のモデルともなり、人を襲った記録が多いサメです。体調4~6m、体重1t~2tと大型で最高速度は25㎞~35㎞程度といわれています。好物はアシカやアザラシ等の海洋性哺乳類なので、好んで人間を襲うわけではありません。
卵体性(卵を胎内でふ化させる)ですが、母ザメは胎盤を作らないので、子ザメは卵黄がなくなると、新しい卵子や自分の兄弟の共食いをはじめ、胎内での生存競争に勝った子ザメが生まれます。これは卵食・共食い型の繁殖といいます。


山陰地方ではサメを「和邇(わに)」と呼び、縄文・弥生時代より食べていたことがわかっています。大きな釣り針も発掘されており、捕獲方法は釣りではないかと推測されますが確定には至りません。鳥取県ではサメの線刻画も多数発見されていることから、サメへの特別な感情があったこともわかっています。


当館にはこの他40種類のサメのはく製を展示しています。7月13日より「サメ祭り」を企画しておりますので、近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。





  

海とくらしの史料館の情報はこちら

at 10時46分

2019年04月03日

「今月の逸品ver.2」 vol.23 あおもり北のまほろば歴史館 の「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」

「今月の逸品ver.2」第23回目は、あおもり北のまほろば歴史館 の「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」です。

・あおもり北のまほろば歴史館に収蔵展示されている木造漁船67隻は、平成9年に「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」として国の重要有形民俗文化財の指定を受けています。これは旧みちのく北方漁船博物館が平成6年頃から北日本地域(青森県全域、秋田県・岩手県の北部、北海道の南部)の海岸を実際に歩きまわり、収集したものです。
・このコレクションは、ムダマハギ型漁船が使われている地域から、丸木船を含めてすべての種類のムダマハギ型漁船とムダマハギ型から直接発達したシマイハギ型漁船を集めているため、木造漁船の進化する様子が良く分かるのが特徴です。 
・東北地方北部から北海道にかけての地域では、船底を丸木船を浅くしたような材料で作った船が使われています。この材料はムダマと呼ばれ、ムダマを使った船をムダマハギといいます。ハギとは材料を接ぎ合わせて船を造ることで、ムダマハギとはムダマを使って造船した船という意味です。このムダマハギは、丸木船から板合わせの船(シマイハギ)に変化する途中の船で、船の歴史を知るために重要といわれています。
・そのほとんどは、漁師が1~2人乗り、岸から近くの岩磯で船の上から海底をのぞき、アワビやウニ、ワカメやコンブなどをとるのに使った船です。

 

あおもり北のまほろば歴史館の情報はこちら


at 13時50分

カレンダー

前の月 2019年08月 次の月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS