全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2019年04月03日

「今月の逸品ver.2」 vol.23 あおもり北のまほろば歴史館 の「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」

「今月の逸品ver.2」第23回目は、あおもり北のまほろば歴史館 の「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」です。

・あおもり北のまほろば歴史館に収蔵展示されている木造漁船67隻は、平成9年に「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」として国の重要有形民俗文化財の指定を受けています。これは旧みちのく北方漁船博物館が平成6年頃から北日本地域(青森県全域、秋田県・岩手県の北部、北海道の南部)の海岸を実際に歩きまわり、収集したものです。
・このコレクションは、ムダマハギ型漁船が使われている地域から、丸木船を含めてすべての種類のムダマハギ型漁船とムダマハギ型から直接発達したシマイハギ型漁船を集めているため、木造漁船の進化する様子が良く分かるのが特徴です。 
・東北地方北部から北海道にかけての地域では、船底を丸木船を浅くしたような材料で作った船が使われています。この材料はムダマと呼ばれ、ムダマを使った船をムダマハギといいます。ハギとは材料を接ぎ合わせて船を造ることで、ムダマハギとはムダマを使って造船した船という意味です。このムダマハギは、丸木船から板合わせの船(シマイハギ)に変化する途中の船で、船の歴史を知るために重要といわれています。
・そのほとんどは、漁師が1~2人乗り、岸から近くの岩磯で船の上から海底をのぞき、アワビやウニ、ワカメやコンブなどをとるのに使った船です。

 

あおもり北のまほろば歴史館の情報はこちら


at 13時50分

2019年03月12日

「今月の逸品ver.2」 vol.22 口之津歴史民俗資料館 の「口之津灯台の初代レンズ ~灯台に見る近代世界の発展~」


「今月の逸品ver.2」第22回目は、口之津歴史民俗資料館 の「口之津灯台の初代レンズ ~灯台に見る近代世界の発展~」です。

 江戸時代の航路標識は「燈明台」や「常夜灯」と呼ばれる建造物に、松明や篝火を灯すというものでした。
 明治維新後、日本は欧米の文化や技術を積極的に取り入れました。口之津灯台もその一つで、フランスの技術者オーギュスタン・ジャン・フレネルによって開発された「フレネルレンズ」が大きな特徴です。
 1800年代初頭、ニュートンの「光の分子説」によって迷走していた西洋光学は、フレネルが提唱した「光の波動説」を邪道として、最初は排除していました。そこでフレネルは、フランスで最も歴史のあるコルドゥアン灯台のレンズを製作し、その公開実験をパリの凱旋門でおこない「光の波動説」を実証しました。それでも、フレネルの理論を形にする技術が伴っておらず、完全なフレネルレンズは1854年にようやく完成を見ます。実にフレネルの死後27年を要しました。
 当初フレネルレンズの製作は、フランスが独占していましたが、イギリスのチャンス・ブラザーズ社も徐々に技術力を高め、世界市場に参入するようになりました。このチャンス・ブラザーズ社は、当時のイギリスを代表するガラスメーカーで、1851年のロンドン万博では、メインパビリオンとなる「クリスタルパレス(水晶宮)」を手掛けました。さらに、ビッグベンの時計盤の乳白ガラスや、アメリカのホワイトハウスの装飾ガラスの製作にも携わっています。また、地中海の入口であるジブラルタル海峡のエウローパ岬に立つ灯台は、戦略的要地であるため、イギリスのトリニティ・ハウス(イギリス水先案内協会)が管理していました。1864年、この灯台が改修された際、そのレンズの入札で、当初フランスのメーカーが落札しましたが、イギリス海軍フレデリック・アロー軍師の「この灯台は、他のいかなる灯台よりも多くの、しかもあらゆる国籍の人の目にとまる。1週間のうちにここを通過する船の数は、他の灯台の数年分の統計における1週間より多い。そのような灯台のレンズは、ぜひともイギリス国産であるべきだ」という意見によって、トリニティ・ハウスはやむなく入札契約を撤回し、チャンス・ブラザーズ社にレンズの製造を依頼したという逸話も残っています。
 口之津灯台の初代フレネルレンズは、このチャンス・ブラザーズ社で1877年に製作されたレンズであることが、その銘鈑に刻まれています。口之津という地方の灯台を紐解くと、日本の歴史、さらには世界の歴史ともつながっていることがよく分かると思います。

※口之津灯台は2019年3月26日にLED灯器に変更され、139年間使用されたフレネルレンズは、その役目を終えました。

 

 
 

 

口之津歴史民俗資料館の情報はこちら

at 13時59分

2019年02月06日

「今月の逸品ver.2」 vol.21 新上五島町鯨賓館ミュージアム の「魚目浦絵図(新上五島町指定文化財)」

「今月の逸品ver.2」第21回目は、新上五島町鯨賓館ミュージアム の「魚目浦絵図(新上五島町指定文化財)」です。


 17世紀後半、当時の魚目村と有川村の間で、有川湾での漁業に関わる海境論争が起こりました。この絵図は魚目村側が江戸の評定所に資料として提出するために、貞享5年(1688)長崎の絵師、溝口七郎兵衛によって描かれた絵図2枚のうちの控えです。この控えは、もともと五島富江家に伝わっていましたが、昭和8年(1933)、似首の事代主神社の火災で原本が焼失したために、神社再建の折、同家から贈られたもので、現在、鯨賓館ミュージアムにて所蔵しています。昨年、修復作業を実施し、常設展示しています。
 この絵図には、当時の主要な漁場、地名の由来、歴史、神社など詳細に記されており、新上五島町の江戸時代初期に描かれた数少ない絵図の一つで、大変貴重な資料です。


   

                      展示の様子


                                    

                        魚目浦絵図


新上五島町鯨賓館ミュージアムの情報はこちら

at 10時25分

2019年01月08日

「今月の逸品ver.2」 vol.20 関門海峡ミュージアム の「海峡レトロ通り」


「今月の逸品ver.2」第20回目は、関門海峡ミュージアム の「海峡レトロ通り」です。

ここは、関門海峡ミュージアムで一番人気のある『海峡レトロ通り』です。
でも、このゾーンはあまりPRしたくないんです。というのも、ここは無料ゾーンで、しかも見ごたえがあり、面白い仕掛けがある空間なので、ここで満足されて有料の展示ゾーンに入らないでお帰りになるお客様も少なくないからです。
でも、今回は特別に人気の『海峡レトロ通り』の仕掛けや見どころを『今月の逸品』として紹介しましょう。

【大正ロマンあふれる街並みへタイムスリップできる『海峡レトロ通り』】
明治から大正、昭和にかけ、大陸貿易の拠点として栄えてきた門司港。街の中には、銀行、商社、貿易会社などのモダンな西洋建築が建ち並び、映画館、カフェなど流行の先端をゆく文化や娯楽も伝わって、街は活気に満ちていました。
そんな異国情緒あふれる街並みを再現したのが『海峡レトロ通り』です。
古き良き時代へタイムスリップしたかのように、なつかしい気分に浸ってください。


    

逸品① ~朝、昼、晩と表情を変える街並み~
照明と音がコンピューター制御により、20分間の間に朝・昼・晩と街の表情を変化させて行きます。夜になると、外灯や窓に電気が灯り、朝になると小鳥がさえずります。そして、お昼になるとバナナの叩き売りの始まりです。それぞれの街の表情をお楽しみください。

 

逸品② ~実は半分しかない路面電車~
路面電車は1911年の開通以来、長年に渡り門司市民、北九州市民の足となり親しまれてきました。この路面電車は、明治・大正時代の写真資料を参考にしながら、可能な限りの復元を行っています、でも、よーく見てください。長さが半分しかないんです。一見、ちゃんとした電車に見えますが、半分の所の壁面を鏡張りにして、普通の大きさの電車に見せているんです。
電車の中では、当時の門司の情景を捉えた写真や映像などを紹介するコーナーもあります。

  

【お知らせ】
関門海峡ミュージアムは、展示ゾーンのリニューアル工事の為、2019年秋頃まで休館しております。リニューアルオープンの際には、展示が一新され、魅力アップした展示ゾーンおよびこの海峡レトロ通りでお楽しみください。

関門海峡ミュージアムの情報はこちら




at 11時16分

2018年12月07日

「今月の逸品ver.2」 vol.19 瀬戸内海歴史民俗資料館(香川県立ミュージアム分館) の「写真『終戦後、港組による飛行機引き揚げの様子』」

「今月の逸品ver.2」第19回目は、瀬戸内海歴史民俗資料館(香川県立ミュージアム分館) の「写真『終戦後、港組による飛行機引き揚げの様子』」です。


 この写真は、昭和22年香川県多度津町で創設された「港組」の活動の様子をとらえた一枚である。港組は多度津港における荷役や瀬戸内海主要航路の掃海作業を行っていた企業である。
 終戦後、多度津港には、進駐軍の指令により善通寺師団などの旧軍施設にあった銃弾や砲弾が海中投機された。また、瀬戸内海には戦時中、米軍や日本海軍により多くの機雷が設置されたままとなっており、汽船が機雷に触れ沈没する事件がしばしば起こっていた。終戦から数年が経過した多度津港では、貨物船が出入港するようになり海中投棄されていた弾薬や機雷などを引き揚げる必要があった。
 港組の活動範囲は多度津港に限らず香川県西部海域にまで及び、海中に沈んでいる弾薬や船舶、飛行機など多種多様なものを引き揚げた。
 写真は、海中より引き揚げられた直後の、巨大な尾翼を陸上に露にした様子を写している。付随資料の「港組略歴書」によると昭和25年に海軍飛行隊が置かれた三豊郡詫間町(現:三豊市詫間町)の近海において掃海作業を行い、旧海軍軍用飛行機の残骸を引き揚げたと記されている。おそらくその際に撮られた写真かと思われる。
 終戦後70数年が経過し、終戦直後の実態を調べることが困難になりつつある中、本資料は多度津港や香川県中西部海域における戦争の爪痕が色濃く残っていた様子を示す極めて重要な資料と言える。
                      (瀬戸内海歴史民俗資料館 主任専門職員 芳澤直起)


 


瀬戸内海歴史民俗資料館(香川県立ミュージアム分館) の情報はこちら

at 12時00分

カレンダー

前の月 2019年04月 次の月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS