全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2021年09月16日

「今月の逸品ver3」第16回みくに龍翔館 「越前三国湊風景之図」慶応元年(1865年)

「今月の逸品ver3」の第16回目は、坂井市みくに龍翔館の「越前三国湊風景之図」慶応元年(1865年)です。


水運・海運物流の拠点「三国湊」
 三国湊を九頭竜川左岸側から俯瞰した風景図で、およそ3m半にわたる巻子状になっています。山王社(現在の三國神社)から雄島までの間を描いており、河に沿って立ち並ぶ蔵並や多くの寺社、番所・米蔵など各藩の施設が、地名とともに見られます。
 越前の木ノ芽峠から北における主要河川は、全て九頭竜川に合流して日本海に注がれていました。その河口に位置する三国湊は、越前各地と日本海を結ぶ水運物流の拠点、また北前船の隆盛した時代以前から、日本海海運の主要な湊でした。
 江戸時代、越前の福井藩や丸岡藩などの諸藩、また幕府領では、各地の年貢米を、兵庫川や竹田川の舟運を利用して三国湊まで運び、そこから大坂に向けて運び出していました。丸岡藩では滝谷村に藩蔵を設置して、その他の諸藩では三国湊の商人の町蔵を借りて、年貢米を保管していました。米だけでなく、商品となる物資も川舟で集められ、大きな船に乗せかえ各地に運んでいました。

描かれた繁栄の湊
 巻末に「慶応元乙丑年」とあり、慶応元年(1865)に手がけられたことがわかります。大坂・瀬戸内と蝦夷地(北海道)・東北を結ぶ北前船の寄港地として空前の繁栄を迎えた三国湊の最盛期も、幕末から明治時代中期にかけてでした。
 絵には、川岸に並んだ蔵並とともに、帆をかけた多くの帆船がびっしり描かれています。多くの河が合流する九頭竜川河口付近は、上流から運ばれる土砂がたまるため河底が浅く、実際に大型の帆船は、このように川に入れることはできませんでした。
 三国湊の豪商で、福井藩とのつながりが深かった内田家や、その菩提寺の出張所である「掛所」も、その名前とともに描かれています。ひょっとすると内田家の関係者が作成に関与したのかもしれません。
 多少誇張された表現ですが、最盛期だった幕末の三国湊の賑わいがいきいきと描かれています。

「越前三国湊風景之図」(一部)

at 14時01分

2021年08月12日

「今月の逸品ver.3」vol.15『世界に羽ばたく苫小牧港~先人達の偉業を次世代がつなぐ~』

苫小牧西港フェリーターミナル3階「苫小牧ポートミュージアム」では、苫小牧港開発()創立60周年記念事業の一環として制作した『世界に羽ばたく苫小牧港~先人達の偉業を次世代がつなぐ~』を放映しております。

この動画では、開発計画当初の様子から現在の姿に至るまでの苫小牧港の歴史を中心に紹介しております。この歴史の背景には、港の建設に携わった先人達の苦労及び発展に寄与した功績、先人達が築き上げた苫小牧港を引き継ぎ、ここで活躍し港の未来を支える若者達の様子を描いたものとなっており、港を支える様々な「ヒト」にフォーカスし、制作致しました。

また、大人の視聴はもちろん、未来ある子どもたちにも分かりやすく紹介できるよう、ナレーション、テロップ等細部まで工夫が施されております。

15分間の動画となっておりますので、乗船前の空き時間等、ちょっとしたお時間に是非ご視聴下さい。

 

その他に、当社事業紹介動画、苫小牧市のPR動画、苫小牧港のPVも視聴できますので、来館した際には、苫小牧ポートミュージアムにお立寄り下さい。




at 13時28分

2021年07月16日

「今月の逸品ver.3」vol.14日本海交流センター・帆船海王丸(海王丸パーク)の「大舵輪」


「今月の逸品ver.3」第14回目は、日本海交流センターのある海王丸パークに恒久係留されている帆船海王丸の「大舵輪」です。

 帆船海王丸は、昭和5年(1930年)姉妹船帆船日本丸とともに、神戸の川崎造船所で建造され、平成元年(1989年)までの59年間、練習船として、地球約50周(約106万海里)を公開し、延べ11,000人名あまりの海の若人を育てました。現在は、海王丸パークに、係留保存され、一般公開や小学生の宿泊訓練等を行っています。

帆船海王丸に関する他記事はこちら

今回は帆船海王丸の「大舵輪」をご紹介します。

帆船海王丸には、汽走用の「舵輪」と帆走用の「大舵輪」が備え付けられています。「大舵輪」は、帆走中に全ての帆の状態(風の入り具合)を見るため、船の船尾(後方)にあります。「大舵輪」は1回転させることで、舵角を約1度動かすことが出来ます。帆走訓練中は、操舵当番にあたった4名の実習生が、決められた針路に進めるよう、風の状況を見ながら「大舵輪」で舵を取っています。普段は4人で簡単に動く「大舵輪」も、海が荒れてくると重たくなり、かなりの重労働になります。また荒天中は後ろからの波を受けると操舵当番が流されてしまう危険性があるため、フードと呼ばれる囲いがされ、安全が確保されています。

現在は、乗船されたお客様の記念撮影場所となるだけではなく、小学生の宿泊訓練での「乗・下船式」や、一般の方の結婚式の会場として使われています。



皆様も海王丸パークにお越しの際は、「大舵輪」と一緒に記念撮影をし、帆走中の雰囲気を味わってみてください。


at 17時25分

2021年06月11日

「今月の逸品ver.3」vol.13新潟市歴史博物館みなとぴあの「『新潟湊之真景』井上文昌筆 安政6(1859)年」



「今月の逸品ver.3」第13回目は、新潟市歴史博物館みなとぴあの「『新潟湊之真景』井上文昌筆 安政6(1859)年」です。

 幕末の新潟湊に初めて来航した外国船と、その対応をする新潟湊周辺の様子が描かれている錦絵です。版元東鐘軒からの依頼で、当時のにいがた湊で活躍していた絵師 井上文昌が描いたものです。信濃川河口の新潟湊に出入する多数の廻船・川舟と、北方の洋上から黒煙を吐いて来航する西洋式帆船が描かれています。
 制作されたのが安政6(1859)年5月であることから、同年4月に湊の調査のため来航したロシア船とオランダ船を描いたものと思われます。新発田藩・村松藩が陣を敷き御用船を配置する中、交渉に向かう応接舟など、幕末期新潟の緊迫した情勢が描き出されています。
 画面の下の方は、新潟町が詳細に描かれていますが、外国船を見ようと、日和山に向かう物見高い人々の様子も見受けられます。
 右側は信濃川の河口部、新潟湊の様子が描かれています。大型の廻船が川中に停泊し、種々の川舟が荷物を積替え運ぶ「瀬取り」に行き交う様子や、さらに、新潟らしい砂質の地形、水際から砂丘部にかけての様々な植物の描き分けなども見られます。この地元作家ならではの細かい描写は、写真のない幕末期新潟の景観をありありと伝えてくれます。


※本資料は、今年度2月から開催の「にいがた幕末の絵師」展で実物を展示する予定です。


 


 


新潟市歴史博物館みなとぴあの情報はこちら





at 10時49分

2021年05月07日

「今月の逸品ver.3」 vol.12物流博物館の「『東京両国通運会社川蒸気往復盛栄真景之図』野澤定吉画、明治10年代後半」

「今月の逸品ver.3」第12回目は、物流博物館の「『東京両国通運会社川蒸気往復盛栄真景之図』野澤定吉画、明治10年代後半」です。

 蒸気船・通運丸と両国にあったその発着所が描がれた錦絵です。船内は乗客で賑わい、発着所や両国橋の上からも、沢山の人々が隅田川を行きかう通運丸を眺めているようです。

 明治2年(1869)に政府が西洋型風帆船・蒸気船の民間所有を許可すると、全国各地に蒸気船が走るようになりました。通運丸は明治10年(1877)5月1日に内国通運会社(日本通運㈱の前身)が就航させ貨客を輸送した蒸気船で、数ある関東地方の川蒸気船のなかでも代表的なものです。開業時は第1・2号通運丸でのスタートでしたが、10年後の同20年には第30号船まで確認できるほどになっていました。
 両国橋を描いた他の錦絵や引札にも通運丸は登場しており、両国橋を描く際に定番のモチーフとなっていたものと思われます。

 画面右、マル通の旗を掲げた発着所の建物には、「郵便御用蒸汽通運丸発船所」の看板のほか、軒先に「行徳(現・千葉県市川市)揚」「野田揚」「古河揚」「銚子揚」など寄航地の札も掲げられています。通運丸は東京・深川扇橋から江戸川・利根川を通り思川の生井村(現・栃木県小山市)に至る航路で開業し、まもなく航路を利根川上流のみならず、銚子に至る下流域や霞ヶ浦・北浦方面にも拡大しました。
 この錦絵には開業以前の「明治八年」と刷られており、正確な成立年代は不明ですが、寄航地に「笹良橋(現・栃木市)揚」の札も見えるため、渡良瀬川の早川田(現・群馬県館林市)まで航路が延伸した明治14年(1881)11月以降と考えられます。

 外出もままならないこの頃ですが、錦絵を眺めながら蒸気船の旅に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 ※本資料は企画展等の際に実物を展示し、常設展ではパネルで紹介しております。


 


 


物流博物館の情報はこちら


at 11時53分

カレンダー

前の月 2021年09月 次の月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS