全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2020年09月10日

「今月の逸品 ver.3」 vol.4 フェルケール博物館の「戦後の蘭字一括」

「今月の逸品ver.3」第4回目は、フェルケール歴史博物館の「戦後の蘭字一括」です。

 江戸時代末から海外輸出された日本の緑茶は、木製茶箱に貼られた蘭字と呼ばれる木版ラベルで知られています。現在では、蘭字は、錦絵に続いて明治・大正時代に制作された木版印刷物として研究や展示の対象となってきています。この蘭字は昭和時代に入ると、現在の印刷技術と同様なオフセット印刷の蘭字へと変わってきました。また、アメリカで紅茶やコーヒーが好まれるようになると、緑茶の輸出先は旧フランス植民地のアフリカや西アジア地域へと変わっていきました。そのため、オフセット印刷の蘭字にはフランス語「THÉ VERT」とアラビア語でも「緑茶」と記されています。当館では静岡で印刷されて清水港から積み出された戦後のオフセット印刷の蘭字資料を300点ほど収蔵しています。
 今では豪華客船が着岸する清水港の日の出埠頭では、戦後にアフリカ向け緑茶が盛んに積み込まれて、東南アジアからインド洋、スエズ運河を抜けて北アフリカへと運ばれていきました。アフリカや西アジア向けの蘭字には、アフリカの動物やエキゾチックなアジアの風俗が描かれ、雰囲気もだいぶ変わってきました。そして、当館で収蔵する戦後の蘭字の裏にはフランス語の地名や人物名が書かれているものがありました。調査したところ、これらの地名は茶葉が陸揚げされたアフリカ北岸の港町、アルジェリアのアルジェやオラン、モロッコのカサブランカなどに置かれた現地の茶商の住所であることがわかってきました。当時は、これらの港町の商館がアフリカや西アジアへの緑茶販売網の扇の要となっていました。また、フェルケール博物館で収蔵する戦後の蘭字には未製品が多く含まれており、資料中にある北アフリカから静岡に送られた封筒の中には、当時のアフリカや西アジアで流行っていた風俗や社会状況を反映したデザインの蘭字見本が入っていました。静岡ではこれらの指示書に合わせて蘭字を制作し、茶箱に貼付して輸出していました。戦後の商業ラベルは当時の流通状況まで知ることのできる貴重な資料となっています。なお、当時の茶輸出関係者に聞くと、昭和40年代前半まで茶箱に貼るラベルのことを「蘭字」と読んでいたそうです。
 蘭字のデザインや印刷技術は缶詰ラベルとも影響しあい、静岡の商業ラベルの一時代を築いてきました。

    
   蘭字「ムーラン・ルージュ」   「ムーラン・ルージュ」の裏に書かれた住所は、オラン港近郊の商館だった。

    

    蘭字「ANTAR」                  アフリカから郵送された「ANTAR」の指示書(下書き)

フェルケール博物館の情報はこちら




at 10時45分

2020年08月03日

「今月の逸品 ver.3」 vol.3 日本郵船歴史博物館の「諏訪丸 窓枠」

「今月の逸品ver.3」第3回目は、日本郵船歴史博物館の「諏訪丸 窓枠」です。

 「諏訪丸」(総トン数11,758トン)は1914(大正3)年9月、三菱合資会社(現、三菱重工業(株))長崎造船所で建造され、欧州航路に就航した貨客船です。船名は現在の諏訪大社からいただいています。内装は英国クラシック調で、ベルギーのアルバート皇帝皇后両陛下やチャーリー・チャップリンをはじめ多くの著名人も乗船するなど、長きにわたり親しまれました。

 ちなみに、現在も使われている、日本郵船を表す「二引(にびき)」のファンネルマークがつけられるようになったのは1929(昭和4)年3月からですが、第一船はこの「諏訪丸」でした。

 太平洋戦争中は海軍に徴用され、1943(昭和18)年3月28日、マーシャル諸島ウェーク島付近で潜水艦の雷撃を受けたため任意座礁、船体放棄されました。この窓枠は米国のパイロットが取り外し保管していたもので、戦後50年を記念して日本郵船に寄贈されました。戦前に建造された船の大半が失われてしまった中で偶然生き残ったこの窓枠は、歴史を語る逸品として、開館当初から常設展示されています。

 船らしい丸窓にはめ込まれた厚いガラスには大きな損傷も見られず、長い時間と数奇な運命を経たとは思えないほど良好な状態を保っており、船用品の頑丈さを改めて感じることができます。

 往年の航海中、そして戦時中、この窓からはどのような景色が見えていたのでしょうか。ぜひ、想像しながらご覧ください。

  
   諏訪丸

  
      ウェーク島沖で座礁する諏訪丸                         諏訪丸の窓枠


日本郵船歴史博物館の情報はこちら



at 15時00分

2020年07月06日

「今月の逸品 ver.3」 vol.2 横浜みなと博物館の「戦時標準船 江ノ島丸模型」

 横浜みなと博物館常設展示室「戦争と接収」のコーナーで展示している「戦時標準船 江ノ島丸模型」(縮尺1/100)を紹介します。
 江ノ島丸(6,932総トン)は1943(昭和18)年に三菱重工業神戸造船所で建造された、2A型戦時標準船です。2は第二次戦時標準船であること、そしてAは船の大きさを示し、標準船のなかでも最も大きな船型でした。海上輸送の主力として計画された2A型戦時標準船は、1943~45(昭和18~20)年にかけて、国内9造船所でおよそ120隻が建造されましたが、江ノ島丸はその中で最初に完成した船です。
 戦時標準船は、戦時において兵員や物資を運ぶ輸送船を早く大量に建造するために、規格化された船のことをいいます。第一次戦時標準船では、戦後の商業航海への復帰を考慮した設計が行われましたが、太平洋戦争が進むにつれて喪失船舶量が甚大となると、それを考慮する余裕もなくなり、量産と資材節減を主眼とした第二次戦時標準船の建造が進められました。江ノ島丸は1943(昭和18)年8月に起工、およそ4か月後の同年12月に竣工しました。直線的な船体の江ノ島丸模型を見ていると、戦時の緊張感が伝わってくるような気がします。江ノ島丸は、太平洋戦争中は陸軍の輸送船として活動し、終戦までに3度空爆や触雷で被害を受けました。戦後は復員輸送にあたりましたが、1946(昭和21)年1月に中国の揚子江河口で触雷、沈没しました。建造から沈没まで2年あまりの短さでした。
 今年は戦後75年。太平洋戦争を語り継ぐ資料として、江ノ島丸模型をこの機会に大勢の方々にご覧いただきたいと思います。


   戦時標準船 江ノ島丸 模型


横浜みなと博物館の情報はこちら


at 14時15分

2020年06月08日

「今月の逸品 ver.3」 vol.1 船の科学館の「大型スクリュープロペラ(実物)」


「今月の逸品ver.3」第1回目は、船の科学館(東京お台場)の屋外展示物でひときわ目を引く黄金色に輝く直径6メートル、重量15.3トンの巨大な4翼一体型の大型スクリュープロペラ(実物)です。

 製造したのは、船舶用のプロペラメーカーとして世界トップシェアを誇るナカシマプロペラ株式会社(岡山県岡山市)、同社よりその主力製品であるこの一体型固定ピッチプロペラをご寄贈いただきました。
本プロペラは5万総トンクラスの大型船に用いられるもので、アルミニウムとニッケルを含む銅合金で出来ており、実物同様に鋳型に流し込み専用加工機(NC制御)で加工、熟練工による表面仕上げを施して製造されたものです。実際に使われているプロペラと異なるのは、黄金色の輝きを失わないよう表面に特殊なコーティングを施してあることと、刃物のように鋭いエッジを少し丸く仕上げてあることぐらいとのこと。
表面仕上げで生じた独特の研磨模様は、まるで現代アート作品の様でもあり、一見の価値があります。


●事務局より
現在、船の科学館は新コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館を継続しており、見学できません。再開の日時が決まりましたらお知らせします。







  <大型スクリュープロペラの解説サイン>


at 14時26分

2020年03月12日

「今月の逸品ver.2」 vol.34七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場の「モントレージャズフェスティバル in 能登 10周年記念モニュメント」

「今月の逸品ver.2」第34回目は、七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場の「モントレージャズフェスティバル in 能登 10周年記念モニュメント」です。
七尾市の姉妹都市、米国モントレー市との交流は1986年に始まりました。
1995年に七尾市はモントレー市と姉妹都市提携を締結しました。
世界で1ヶ所だけ『モントレージャズフェスティバル』(以降「MJF」と称す)の名称の使用を許された街として毎年開催され31回を数えています。
1998年に「MJF(USA)40周年」「MJF in 能登10周年」を記念して相互にモニュメントを贈りました。
現在、モントレーホールには能登食祭市場の歴史やジャズフェスティバル記念の展示が、また、ジャズ演奏会・ピアノ発表会等で利用されています。
     
  モニュメント寄贈団体 米国モントレー市 及び モントレージャズフェスティバル 
 


七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場の情報はこちら

at 14時44分

カレンダー

前の月 2020年09月 次の月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS