全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

博物館の最新情報

瀬戸内海歴史民俗資料館(香川県立ミュージアム分館)  博物館の最新情報

2017-03-15

テーマ展「昭和のお葬式とお墓」展 瀬戸内海歴史民俗資料館

葬式の輿

明治時代のお葬式写真


写真をクリックすると拡大表示されます。






瀬戸内海歴史民俗資料館テーマ展
「昭和のお葬式とお墓」展




民俗学では、葬送墓制は日本人の古い精神文化を色濃く残すものとして早くから研究者の関心も高く、その習俗は時代を経ても変わりにくいものと認識されてきましたが、この平成の時代、それらは大きく変化し、今や昭和時代までのお葬式やお墓のようすは昔語りとなってしまいました。そこで当館では、「昭和のお葬式とお墓」と題して、その失われた習俗や墓地景観などを道具や写真からひも解くテーマ展を開催します。
昭和に育った人たちにとっては「そういえば昔のお葬式やお墓はこんなだった」と懐かしく思われるかもしれません。また、平成生まれの人たちにとっては見たこともない驚きの道具や風景(写真)に出会えることでしょう。


会 期 平成29年3月18日(土曜日)~6月18日(日曜日)

開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休 館 日 毎週月曜日
(月曜日が休日の場合は原則として翌日。)ただし、5月1日(月)・2日(火)は開館


観覧料  無料

主な展示資料

①さぬき市大川町の桶職人がつくった棺桶
②三豊市山本町で使われた友引人形
③志々島(三豊市詫間町)で使われた葬式の道具
④男木島(高松市)で使われた葬式の道具
 (死者に着せる着物など)
⑤三豊市詫間町で使われた葬式の輿
⑥徳島県三好市井川町井内谷の葬式の道具
 (死者を埋葬する甕など)
⑦明治~昭和時代のお葬式写真や昭和時代のお墓(土葬墓)の墓上施設などの写真



展示資料点数 約100点


詳細はこちら

瀬戸内海歴史民俗資料館の情報はこちら










前のページへ戻る