全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとには魅力がいっぱい。みなとの博物館へ遊びにいこう。

海とくらしの史料館

体験型展示有り 眺望が自慢 模型が自慢 ガイドツアー有り
割引制度有り 無料日設定あり ファミリーにおすすめ! 一人でじっくりと
カフェ・ショップが充実 穴場スポット あの舞台はここ! 駅近 駐車場有り

KIF_0332[1]

【施設情報】

名称 海とくらしの史料館
営業時間 9:30~17:00(入館受付16:30まで)
住所 鳥取県境港市花町8-1
定休日 火曜日(祝日の場合は翌水曜日)
アクセス 自動車米子自動車道約25分、松江市より約40分
飛行機米子鬼太郎空港より約10分
JR電車境港駅下車 徒歩約20分、はまるーぷバス利用で約8分 
隠岐汽船 隠岐汽船乗り場(境港)より徒歩約20分
水木しげるロードより1.5km、べた踏み坂より約6.3km
入場料金/割引き 一般:400円
小・中・高校生・外国人:100円
幼児・70歳以上の方・障がい者手帳お持ちの方及び同行、介助の方1名まで無料
駐車場有無 無料 普通車17台 台場公園・普通車41台、バス6~7台
お問い合わせ先 0859-44-2000

公式HPはこちら

博物館の見どころ


江戸時代末期に築かれた「お台場」横に位置する酒造会社の酒蔵を再生した日本一の水のないはく製水族館。700種類・4000点のはく製。玄関を入ると220キロのクロマグロがお出迎え。
日本一かわいい巨大マンボウ「チョボリン」と境水道で捕れたリュウグウノツカイ(4.2m)に今にもかみつきそうなホオジロザメ。イカ釣り船「みなと丸」に乗船。他にも、伯州綿の弓浜絣のコーナーと漁具や民具の展示もあり、境港の歴史・文化を学ぶのに最適。

博物館の活動


海とくらしの史料館では、特別展示室において橋本興家の版画展をはじめとして様々な行事を行っています。春には台場公園桜祭りに協賛。夏休みには近海のヒトデ、ナマコ、イソガニなどを揃えてタッチングプールを行い宿題のお手伝いをしております。
また、夏休み中にハガキサイズの魚の絵を全国募集し、部門別に「魚の絵コンテスト」実施しております。(審査員は来館された皆様の投票により賞を決定します)

おすすめお散歩コース


より大きな地図で 海とくらしの史料館おすすめお散歩コース を表示

1.境港駅


2.水木ロード・妖怪のブロンズが800mのロード左右に139体

3.水木しげる記念館・「ゲゲゲの鬼太郎」水木先生の記念館

4.海とくらしの史料館


前のページへ戻る