全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとには魅力がいっぱい。みなとの博物館へ遊びにいこう。

横浜みなと博物館・帆船日本丸

体験型展示有り 眺望が自慢 模型が自慢 ガイドツアー有り
割引制度有り 無料日設定あり ファミリーにおすすめ! 一人でじっくりと
カフェ・ショップが充実 穴場スポット あの舞台はここ! 駅近 駐車場有り

帆船日本丸と横浜みなと博物館

横浜みなと博物館(正面入口)

横浜みなと博物館(館内全景)

【施設情報】

名称 横浜みなと博物館・帆船日本丸
営業時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
※季節により変動があります。
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
定休日
月曜日(祝日の場合は翌平日、年末、臨時休館日)
アクセス
JR根岸線、横浜市営地下鉄線 「桜木町」駅下車 徒歩5分
みなとみらい線 「みなとみらい」駅または「馬車道」駅下車 徒歩5分
入場料金/割引き 一般600円
65歳以上 300円
小・中・高生300円
※帆船日本丸との共通券
※企画展は別料金になる場合があります。
※毎週土曜日は高校生以下無料
駐車場有無 ・駐車場はございません。周辺の駐車場をご利用下さい。 ・ご見学の観光バス・車イスでのご来館の場合は駐車可能です。事前にご連絡ください。
お問い合わせ先 045-221-0280

公式HPはこちら

博物館の見どころ

操船シミュレーター画像

港がみえるキッチン

船の模型


 横浜みなと博物館は、「歴史と暮らしのなかの横浜港」をテーマにした、こどもから大人まで横浜港のことを楽しく学べる博物館です。常設展示は、開港以来の150年の歴史を紹介する「横浜港の歴史」ゾーンと、横浜港の役割をテーマ別に学べる「横浜港の再発見」ゾーンから構成されています。展示を見ながら横浜港のことをまるごと学べます。
 帆船日本丸は、1930(昭和5)年に建造された船員を養成する練習帆船。1984(昭和59)年に引退し、翌年から一般公開されました。マストやたくさんのロープがある甲板上のほか、船内を見学ができます。航海していた頃の乗組員のインタビュー映像や写真などで、日本丸の歩みや訓練の様子を紹介しています。

博物館の活動

DSC_0055

DSC_0156

DSC_1880


 横浜みなと博物館では、毎週土曜日にクイズラリーと船の折り紙教室を、毎週日曜日にはペーパークラフト教室を行っています。夏休みは小学生を中心に、船の工作教室や海図教室、秋は、「ミナト散歩」、春休みには「船の見学会」など実施しています。また、海、船と港、くらしと環境について考え、関心を深める、小学生の「横浜みなとキッズクラブ」があり、見学会や体験教室など、1年間通じて活動しています。
  帆船日本丸は年に12回程、全ての帆を広げる総帆展帆を行っています。帆走するときと同じ姿は圧巻です。また、帆船の規律正しい団体生活を通じて、協調性や強い精神力を学ぶ「海洋教室」を行っています。
 日本丸メモリアルパークの水域では、市民が海に親しむことを目的にシーカヤック体験教室も行っています。

おすすめお散歩コース


より大きな地図で 横浜みなと博物館おすすめお散歩コース を表示

1. 旧横浜船渠1号ドック
1898年に竣工した、旧横浜船渠の船の修繕のためのドック。現在は帆船日本丸が係留されています。2000年には国の重要文化財に指定されました。

2. 汽車道
1911年に開通した貨物線跡を、整備した遊歩道。日本丸メモリアルパークから新港地区までを3つの橋梁が結んでいます。アメリカ製鉄橋など歴史的建造物も残されています。

3 .赤レンガ倉庫
新港ふ頭建設時に、税関の保税倉庫として2号倉庫が1911年、1号倉庫が1913年に竣工しました。2002年から文化、商業施設としてにぎわっています。

4. 象の鼻パーク
1859年に作られた横浜港最初の港湾施設。1867年頃の改修によって、その形から「象の鼻」と呼ばれるようになりました。横浜開港150周年の2009年に周辺が公園として整備されました。

5. 大さん橋国際客船ターミナル
1894年につくられた横浜港で一番古いふ頭です。1964年から客船専用の桟橋となり、2002年に新しい国際客船ターミナルがオープンしました。


前のページへ戻る