全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとには魅力がいっぱい。みなとの博物館へ遊びにいこう。

東京臨海部広報展示室 TOKYOミナトリエ

体験型展示有り 眺望が自慢 模型が自慢 ガイドツアー有り
割引制度有り 無料日設定あり ファミリーにおすすめ! 一人でじっくりと
カフェ・ショップが充実 穴場スポット あの舞台はここ! 駅近 駐車場有り

東京臨海部広報展示室 TOKYOミナトリエからの展望

【施設情報】

名称 東京臨海部広報展示室 TOKYOミナトリエ
営業時間 火~木・日曜日 10:00~18:00 金・土・祝前日 10:00~21:00 ※最終入室は閉室時間の30分前まで
住所 東京都江東区青海2-4-24青海フロンティアビル20階
定休日 月曜日 年末年始(12月28日~翌年1月4日)
アクセス ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車 徒歩1分 りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩15分
入場料金/割引き 無料
駐車場有無 60台 20分/200円 大型車不可(パーク24株式会社運営)
お問い合わせ先 03-5500-2587

公式HPはこちら

博物館の見どころ

博物館の見どころ1

博物館の見どころ2


江戸期から今日までの東京港のあゆみや、東京港や臨海副都心の歴史、現在の姿、未来を大型模型や多彩な映像メディアなどで分かりやすく紹介します。AR映像を自ら体験できる「みなとづくりバーチャル探検」では、ガントリークレーンの操作席や共同溝の内部など、普段は入ることができない場所をタブレットを使用して体験できます。
地上100メートルから眼下には東京港や臨海副都心はもちろん、遠くには富士山やアクアライン海ほたる、東京タワー、東京スカイツリーの眺望もお楽しみいただけます。

博物館の活動

博物館の活動1

博物館の活動2


東京港は、大都市江戸を支える水運の要衝として発展し、昭和16年には外国貿易港として開港しました。以来、わが国を代表する国際貿易港として発展を続けています。
また、東京港では、古く江戸期から海面を埋立て、そこに市街地を形成してきました。そしていま、東京港埋立地の中心部において臨海副都心の開発が進行しています。
TOKYOミナトリエでは、国際貿易港として首都東京のみならず東日本の経済や生活を支える東京港、並びに多くの人々が働き、暮らし、更に国内外から訪れる臨海副都心などの歴史や現在の姿、そして未来をご紹介しています。当施設が皆様に利用され、東京港や東京臨海部に対するご理解を深める一助となれば幸いです。

おすすめお散歩コース


より大きな地図で 東京臨海部広報展示室 TOKYOミナトリエ周辺おすすめお散歩コース を表示

①東京税関情報広場(東京港湾合同庁舎内) ②日本科学未来館 ③潮風公園 ④お台場海浜公園 ⑤ソニー・エクスプローラサイエンス(メディアージュ内) ⑥東京都水の科学館


前のページへ戻る