全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとには魅力がいっぱい。みなとの博物館へ遊びにいこう。

海の博物館

体験型展示有り 眺望が自慢 模型が自慢 ガイドツアー有り
割引制度有り 無料日設定あり ファミリーにおすすめ! 一人でじっくりと
カフェ・ショップが充実 穴場スポット あの舞台はここ! 駅近 駐車場有り

海の博物館 外観横2

展示B棟_3

船の収蔵庫1

【施設情報】

名称 海の博物館
営業時間 3月21日~11月30日9:00~17:00
12月1日~3月20日9:00~4:30
*入館は閉館の30分前まで
住所 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
定休日 6月26日~6月30日、12月26日~12月30日
アクセス JR・近鉄鳥羽駅より、パールロード経由のカモメバスで35分。「海の博物館前」下車すぐ
入場料金/割引き 大人800円、小・中・高校生400円

団体(20名様以上)大人 720円、小・中・高校生320円
団体(100名様以上)大人640円、小・中・高校生280円
駐車場有無 駐車場有

公式HPはこちら

博物館の見どころ

資料

御潜神事(海の博物館)2

藻場


海の博物館は、三重県沿岸の失われゆく漁村資料を収集する目的で昭和46年に開館しました。海女道具や船大工道具、網・釣り針などの漁撈用具、漁村の生活用具など海に関する約6万点(内6879点が国指定重要有形民俗文化財)の民俗資料を所蔵し、展示しています。また全国各地から集められた100隻近い木造船は、他ではみることができません。現在、日本の「海女」文化をユネスコ世界無形文化遺産に登録する活動を推進したり、海の環境を考える「藻場を増やす取組み」を漁業者、学校とともに実施しています。

博物館の活動

海藻おしば1

磯観察b

海苔すき


海の博物館は鳥羽の自然海岸に囲まれたこの立地にあり、海の体験プログラムにも力を入れています。冬は食をテーマにした「牡蠣むき体験」や「海苔すき体験」、春から夏は浜辺に出かけおこなう「磯や干潟の生きもの観察」、そして貝殻や海藻を使って作る「貝紫染め」や「海藻おしば」、「漂着物で標本作り」など、季節感のある体験メニューを実施しています。

おすすめお散歩コース


クリックすると拡大されます。


前のページへ戻る