全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2015年03月23日

名古屋海洋博物館がリニューアルオープンしました。



2014年度で開館30周年を迎えた名古屋海洋博物館が3月21日(土)にリニューアルオープンしました。

記念の式典では名古屋市の河村たかし市長や来賓のみなとの博物館ネットワークフォーラム会長、呉市海自歴史科学館(大和ミュージアム)の戸髙一成館長らがくす玉を割り、博物館のリニューアルを祝いました。

今回のリニューアルで新たに体験型の新設展示も加わりました。

1つは航海士の訓練用に使われている本格的な「操船シミュレーター」。
大型モニターに映る名古屋港の風景を眺めゴールを目指します。

もう1つは船からコンテナの積み下ろしを疑似体験できる「ガントリークレーン」。
親子連れのお客様がさっそくクレーン操作を体験していました。

新しくなった名古屋海洋博物館でぜひ海、船、港を身近に感じて下さい。


名古屋海洋博物館の情報はこちら

 



at 10時13分

2015年03月03日

新着資料の紹介コーナー 第9回「苫小牧ポートミュージアム」



今回、新着資料としてご紹介するのは、苫小牧ポートミュージアム(苫小牧西港フェリーターミナル)の「東日本大震災とフェリーターミナル パネル」です。

このコーナーでは、平成23年3月11日(金曜日)14時46分に発生し、日本各地に甚大な被害をもたらした「東日本大震災」での苫小牧港を発着するフェリーの相手港(大洗港・仙台港・八戸港)の大きな被害状況と立ち直った道のりを相手港スタッフへのインタビューや貴重な写真と 共に紹介しています。
  

また、当コーナーのなかでは、東日本大震災において改めて着眼されることとなった、災害時に大量の人やモノを運ぶという「フェリー」の優位性についても触れ、震災発生直後から開始されたフェリーを利用した自衛隊派遣やコメやトイレットペーパー、毛布等の救援物資輸送が行なわれる苫小牧西港の様子を紹介しています。駐車場を埋め尽くす自衛隊車両の様子などは圧巻です。

  

苫小牧ポートミュージアムの情報はこちら




at 12時04分

カレンダー

前の月 2015年3月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS