全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2014年12月10日

「新着資料紹介」のコーナー 第6回「名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ」

今回、新着資料としてご紹介するのは、名古屋海洋博物館・南極観測船ふじの「写真パネル(ふじとペンギン)」です。


日本の初代南極観測船「宗谷」は第1次から第6次までの日本南極観測隊の輸送支援に就いたのち、1962年に任務を終えました。
その後、日本の南極観測は3年間の休止期間をおき、1965年に再開されます。この時に就役したのが「ふじ」です。
「ふじ」は第7次から第24次南極観測隊まで計18回の南極観測に携わりました。

今回ご紹介する新着資料は、「ふじ」の処女航海にあたる第7次南極観測隊に記録係として参加された海老原武雄さんから寄贈していただいた写真パネル5点のうちの1枚です。
氷海に浮かぶ「ふじ」とコウテイペンギン(エンペラーペンギン)の姿が収められたこの貴重な写真は、現在南極観測船ふじ2階の「ふじライブラリー」で展示されています。

来年、南極観測船ふじは、名古屋で博物館として開館してから30周年、そして2代目南極観測船として建造されてから50周年の節目の年を迎えます。
はるばる日本からやってきた「ふじ」を、まるで守っているかのように立っているペンギンたちの愛らしい姿を見に、ぜひ名古屋にお越しください。

名古屋海洋博物館・南極観測船ふじの情報はこちら

at 11時08分

カレンダー

前の月 2014年12月 次の月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS