全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2013年11月06日

今月の逸品vol.25 瀬戸内海歴史民俗資料館の「垣立の型板」


「今月の逸品」第25回は、瀬戸内海歴史民俗資料館の「垣立の型板」です。

当館蔵の重要有形民俗文化財『瀬戸内海の船図及び船大工用具』の中に、360点の型板と型紙が含まれている。板図が縮尺十分の一の設計図なら、型板・型紙は原寸大で材に当てて象って切断するためにある。中でも側面の「垣立」の断面を象ったとみられる型板が小豆島の土庄町屋形崎から44枚収集され、うち43枚は廻船のものとみられる。
 そのうち40枚に墨書があり、年号の入るものでは「天保十三年」が最もふるく、「明治二拾二年」が最も新しい。「肥土山酒屋みせ船」「屋形崎村喜八郎舩」というように船主の名が入るものが最も多い。また、「かき立」「かきだつ」「かきたつ」という部位名が入るものが4枚ある。
 小豆島北岸には造船所が多く、これらが見つかった石床造船所からは固定舵が描かれている明治27年の合の子船の板図も収集されており、往時がしのばれる。
            (瀬戸内海歴史民俗資料館主任専門職員 織野英史)


瀬戸内海歴史民俗資料館の情報はこちらへ

at 10時02分

カレンダー

前の月 2013年11月 次の月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS