全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2017年08月09日

石川県銭屋五兵衛記念館が海事功労者として表彰されました


 



会員館の石川県銭屋五兵衛記念館はみなととみなとまちづくりの推進に積極的に取り組むことにより港湾の発展に貢献した功績が認められ,北陸地方整備局長より海の日付で表彰されました。
なお、表彰状伝達式は金沢港湾・空港整備事務所にて行われました。

石川県銭屋五兵衛記念館の情報はこちら


at 10時32分

2017年07月26日

神戸大学海事博物館が海事功労者として表彰されました



 

会員館の神戸大学海事博物館は多年にわたる海事思想の普及および海事教育への貢献が認められ,「近畿地方整備局長表彰」を受賞いたしました。
表彰式は,7月19日開催の海フェスタ神戸 記念式典で行われました。
海フェスタは,海の恵みに感謝し,広く海に親しむことを通じて,海洋国家日本の繁栄を願うことを目的に,毎年,全国の港湾都市で開催される日本最大の「海の祭典」であり,「海の日」が国民の祝日として制定された2003年を第1回として神戸の地で開催され今年で14回を数える催しです。
記念式典では,秋篠宮同妃両殿下の御臨席のもと,国土交通大臣表彰(1団体,2社,31名),海上保安庁長官表彰(9名),神戸運輸監理部長表彰(2社,94名),近畿地方整備局長表彰(9団体,29名),第五管区海上保安本部長表彰(14名),海の絵画コンクール最優秀賞表彰(4名)の表彰式が行われました。


神戸大学海事博物館の情報はこちら


at 11時45分

2017年05月18日

通常総会開催のお知らせ


平成29年度通常通常総会を下記の通り開催します。
日  時:平成29年5月25日(木) 14:00~14:40
場  所:神戸海洋博物館 ホール 
           神戸市中央区波止場町2-2 
 
なお、通常総会後、視察研修、施設見学、交流会も開催します。

詳細はこちら

神戸海洋博物館についてはこちら


at 13時50分

2017年04月04日

新着資料紹介のコーナー第34回「東京海洋大学 百周年記念資料館・明治丸記念館」


今回ご紹介するのは、東京海洋大学 百周年記念資料館・明治丸記念館の「明治丸」です。
 明治丸は明治政府がイギリスに発注し、グラスゴーのネピア造船所で1874(明治7)年に竣工した船です。
燈台巡廻船として作られたこの船は、特別室やサロンも備えた豪華な仕様で、ロイヤルシップの役目も兼ねていました。内部には明治天皇のための部屋「御座所」があります。
現在の小笠原領有に大きく寄与したと言われる1875(明治8)年の小笠原諸島への航海や、翌1876(明治9)年には、のちの「海の日」制定のもととなった明治天皇の乗船など、歴史上の重要な場面で活躍しました。
その後、1896(明治29)年に商船学校(東京海洋大学海洋工学部の前身)に譲渡され、係留練習船として昭和20年までの約50年間に、5000余人の海の若人を育てました。その後、1978(昭和53)年には、わが国に現存する唯一隻の鉄船として、国の重要文化財に指定されました。
現在は東京海洋大学越中島キャンパス内に保存され、多くの見学者を受け入れています。
また、海の日のイベントやクリスマス・さくらまつりのライトアップなど、越中島のシンボル的存在として、地元の方々に親しまれています。

    
※ただいま、「第二回 明治丸フォトコンテスト」実施中!一般の方からの応募も受け付けています。
ぜひご応募ください。

詳細はこちら

東京海洋大学 百周年記念資料館・明治丸記念館の情報はこちら



at 11時04分

2016年08月01日

琴平海洋会館が海事功労者として表彰されました。

会員館の琴平海洋博物館(海の科学館)を運営する公益財団法人琴平海洋会館は半世紀にわたり海事に関する資料を展示するなど、海事思想の普及に大きく貢献した功績を評価され、平成28年海の日付で四国運輸局長より表彰されました。



 

琴平海洋博物館(海の科学館)の情報はこちら

at 12時17分

カレンダー

前の月 2017年09月 次の月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS