全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2017年07月07日

「今月の逸品ver.2」 vol.3日本郵船歴史博物館の「記念洋酒 ウイスキーボトル(未開封)」

「今月の逸品ver.2」第3回目は、日本郵船歴史博物館の「記念洋酒 ウイスキーボトル(未開封)」です。


日本郵船専用に瓶詰めされた洋酒。ラベルにbottled for the Nippon YUSEN KAISHAの印字が見られる。
明治から昭和初期にかけて船内での酒類はブランデーやワインなどよく知られるが,ウィスキーもあったという事を教えてくれる1点である。

企業や人が長い年月を積み重ね歴史をつむいでいくのと同じように,博物館に収蔵される資料は誰が所有し,どのような来歴を経て現在に至ったかという時を越えた様々な記憶を包含している。
収蔵品の中には1928年と記された未開封のウィスキーボトルがある。銘柄は「Black & White」。ちなみに,国産ウィスキー第一号『白札』の販売が開始されたのは1929年(昭和4)だ。
来歴を調べると前所蔵者の母の遺品の中に眠っておりそこから発見されたウィスキーボトルで,1993年にカリフォルニアサターン第60次復航に載せられ当時の博物館準備室に寄贈されたものだった。ボトルのラベル上部に“EXPRESSLY BOTTLED FOR NIPPON YUSEN KAISH”と記載されている。寄贈者の祖父はシアトル,アラスカでパイロットをしていたようで,日本郵船の船長とも面識があったという。1928年のシアトル航路の就航船は常磐丸,静岡丸,伊予丸,横浜丸,富山丸,加賀丸,三島丸が就航していた。
話はややずれるが,今でいう「社員規則」にあたる「社規類纂」なかに「船内酒食接待心得に関する件」という項目があり船長は乗船客,以外にも官公吏及び水先人等も船内で酒類を持ち出し接待することができた。つまり前所蔵者である祖父はパイロットであり,1928年頃の前記の船のいずれかの船長が荒天で出航の遅れたか,はたまた思いがけない邂逅にふれたか何かの折パイロットを船内に招き,その記念としてのウィスキーボトル贈ったのだろうか。

 


日本郵船歴史博物館の情報はこちら



at 14時14分

2017年06月16日

「今月の逸品ver.2」 vol.2船の科学館の「南極『昭和基地』の床パネル」


「今月の逸品ver.2」第2回目は、船の科学館の「南極『昭和基地』の床パネル」です。
今年は南極観測60周年、丁度60年前に初めて南極に建設された日本初の南極観測基地の床パネル(実物)です。
これは、木製のパネル組み立て式建物で、わが国初のプレファブリケーション(プレハブ)住居でした。精密な木材加工品で、断熱材として間には初めてドイツから輸入した発砲スチロールが使われています。
実際の床面は裏側で、展示してある面はオレンジ色に塗られた下側となっています。

南極観測船“宗谷”船内の南極展示室に展示されています。是非、見に来てください。

南極『昭和基地』の床パネル


実際の昭和基地

船の科学館の情報はこちら


at 10時17分

2017年05月18日

通常総会開催のお知らせ


平成29年度通常通常総会を下記の通り開催します。
日  時:平成29年5月25日(木) 14:00~14:40
場  所:神戸海洋博物館 ホール 
           神戸市中央区波止場町2-2 
 
なお、通常総会後、視察研修、施設見学、交流会も開催します。

詳細はこちら

神戸海洋博物館についてはこちら


at 13時50分

2017年05月15日

「今月の逸品ver.2」 vol.1 横浜みなと博物館の「日本丸新聞 1960 ニューヨーク航海」


「今月の逸品ver.2」がスタートしました。
第1回目は、横浜みなと博物館の「日本丸新聞 1960 ニューヨーク航海」です。


  

    


    上から日本丸新聞1960表紙、日本丸新聞1960創刊号、日本丸新聞1960 100号 

 かつて、練習帆船日本丸では、航海ごとに実習生による船内新聞が発行されていました。内容は国際情勢をはじめ、政治、日本国内の社会問題や事件、プロ野球などスポーツの結果から航海中の船内の出来事に至るまで、表と裏にぎっしり記されていました。最初は慣れないガリ版刷りで、創刊号ではまだ字もたどたどしかったのが、号を重ねるごとに書体や紙面の構成もしっかりしてきています。新聞は最終号になると表紙と巻末にその航海の航路図を付けて綴られました。新聞からは、当時の実習生による自主的な文化活動の充実がうかがえ、実習生活の一面を示す貴重な資料といえます。
 日本丸は、横浜で保存、公開されるまでの54年間の航海で、何度か国際親善のために記念航海に従事しました。この新聞はちょうど1960(昭和35)年日米修好百年祭の記念航海の時のもので、日本丸はロサンゼルス、ボルチモア、ニューヨークに寄港し、現地で日本代表として様々な友好行事に参加しました。

  

(左)日米修好百年でボルチモアに入港 1960年   (右)ワシントンで100年前の侍姿で記念撮影 1960年


今年2017(平成29)年、帆船日本丸は、1930(昭和5)年の建造以来の日本海運における貢献と、造船史の上でも極めて希少な大型帆船であることが評価され、国重要文化財指定の答申を受けました。これを記念して7月15日(土)から9月3日(日)まで企画展「国重要文化財指定記念 帆船日本丸の航跡」を開催します。会期中は、7月22日(土)記念シンポジウム、8月19日(土)記念講演会、8月26日(土)記念映画会も行います。ぜひ多くの方々にご覧いただき、日本丸のこれからの保存についてご理解、ご支援賜ればと思います。


横浜みなと博物館の情報はこちら





at 11時51分

2017年04月04日

新着資料紹介のコーナー第34回「東京海洋大学 百周年記念資料館・明治丸記念館」


今回ご紹介するのは、東京海洋大学 百周年記念資料館・明治丸記念館の「明治丸」です。
 明治丸は明治政府がイギリスに発注し、グラスゴーのネピア造船所で1874(明治7)年に竣工した船です。
燈台巡廻船として作られたこの船は、特別室やサロンも備えた豪華な仕様で、ロイヤルシップの役目も兼ねていました。内部には明治天皇のための部屋「御座所」があります。
現在の小笠原領有に大きく寄与したと言われる1875(明治8)年の小笠原諸島への航海や、翌1876(明治9)年には、のちの「海の日」制定のもととなった明治天皇の乗船など、歴史上の重要な場面で活躍しました。
その後、1896(明治29)年に商船学校(東京海洋大学海洋工学部の前身)に譲渡され、係留練習船として昭和20年までの約50年間に、5000余人の海の若人を育てました。その後、1978(昭和53)年には、わが国に現存する唯一隻の鉄船として、国の重要文化財に指定されました。
現在は東京海洋大学越中島キャンパス内に保存され、多くの見学者を受け入れています。
また、海の日のイベントやクリスマス・さくらまつりのライトアップなど、越中島のシンボル的存在として、地元の方々に親しまれています。

    
※ただいま、「第二回 明治丸フォトコンテスト」実施中!一般の方からの応募も受け付けています。
ぜひご応募ください。

詳細はこちら

東京海洋大学 百周年記念資料館・明治丸記念館の情報はこちら



at 11時04分

カレンダー

前の月 2017年07月 次の月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS