全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2017年09月08日

「今月の逸品ver.2」 vol.5名古屋海洋博物館の「船模型『帆船 日本丸 (二代目)』(1/65)」

「今月の逸品ver.2」第5回目は、名古屋海洋博物館の「船模型『帆船 日本丸 (二代目)』(1/65)」です。

  日本丸は海運界の将来の担い手を育成するための航海訓練の練習船で、帆装艤装設計から製作まで、総て一貫して我が国で行った最初の船です。名古屋港初入港は1990年(平成2年)です。愛知県内の個人で模型を制作している方より寄贈を戴き、平成29年7月15日(土)より展示をしています。

 
 船模型「帆船 日本丸 (二代目)」(1/65)規格:長さ1700mm 高さ950mm 幅400mm

日本丸(二代目)の仕様

船  名  日本丸(日本初の純国産練習帆船)
船  種  帆船
建造場所  住友重機械工業 浦賀
起工年月日 1983年(昭和58年) 4月11日
進水年月日 1984年(昭和59年) 2月15日
竣工年月日 1984年(昭和59年) 9月12日
総トン数 2,570   全長(m) 110.09   満載喫水(m) 6.75   幅(m) 13.8
原動機種/基 ディーゼル/2基    速力 最大/航海(k't) 14.33/13.20
最大搭載人員(実習生定員) 190(120)


1983年(昭和58年) 4月11日 住友重機械工業追浜造船所浦賀工場で起工式
1984年(昭和59年) 2月15日 進水式
               (皇太子殿下ご夫妻ご臨席・妃殿下支綱切断)
1984年(昭和59年) 9月12日 竣工
1984年(昭和59年) 9月15日 完工 引き渡し、最初の実習生を受け入れ
               処女航海を開始


名古屋海洋博物館の情報はこちら



at 11時47分

2017年08月09日

石川県銭屋五兵衛記念館が海事功労者として表彰されました


 



会員館の石川県銭屋五兵衛記念館はみなととみなとまちづくりの推進に積極的に取り組むことにより港湾の発展に貢献した功績が認められ,北陸地方整備局長より海の日付で表彰されました。
なお、表彰状伝達式は金沢港湾・空港整備事務所にて行われました。

石川県銭屋五兵衛記念館の情報はこちら


at 10時32分

2017年08月01日

「今月の逸品ver.2」 vol.4フェルケール博物館の「蒔絵のお椀」

「今月の逸品ver.2」第4回目は、フェルケール博物館の「蒔絵のお椀」です。

  このお椀は正式に名称をつければ「舟曳図金平蒔絵椀(ふなひきずきんひらまきえわん)」と呼ぶことになるでしょうか。江戸時代の清水湊の廻船問屋・三保屋で使われていたもので、10客が1セットとなり、木箱に大切に納められていました。
  お椀には黒漆を何度も塗って下地とし、椀の蓋に金泥で絵を描いています。絵では笠をかぶり、蓑を付けた3人が綱を引いています。しかし、綱は蓋の右外へと延びているため、その先はわかりません。ところが、蓋を開けて裏返すと、今度は左から綱が延びて右に見える小舟の舳先に結び付けられています。全体をとおして考えると「3人の人が小舟を曳いている図」といえるでしょう。
  江戸時代の清水湊は清水湾に流れ込む巴川の河口をやや遡った岸に築かれた川港でした。この清水湊の対岸には、“ 甲州廻米置場 ”があり、甲斐国から富士川を下って運ばれた年貢米が蔵へと納入されました。一方で、空荷となった船には塩や生活物資を積み込み、富士川河口部から71km上流の鰍沢まで4~5日かけて綱を引いて舟を川上げしたと伝えられます。
 当時の廻船問屋は湊に着く船の船主と荷物の買取りの交渉をしましたが、その交渉がまとまるまで船主は廻船問屋に寝泊まりしていたといいます。つまり、廻船問屋は高級旅館の役目も果たしていました。金蒔絵の高級な椀が伝わっていた理由も納得できます。また、「富士川舟曳図」も清水湊に滞在する船主への“ おもてなし ”のひとつだったのでしょう。

 
       船曳図金平蒔絵椀                     蓋(表)    蓋(裏)


フェルケール博物館の情報はこちら


at 10時32分

2017年07月26日

神戸大学海事博物館が海事功労者として表彰されました



 

会員館の神戸大学海事博物館は多年にわたる海事思想の普及および海事教育への貢献が認められ,「近畿地方整備局長表彰」を受賞いたしました。
表彰式は,7月19日開催の海フェスタ神戸 記念式典で行われました。
海フェスタは,海の恵みに感謝し,広く海に親しむことを通じて,海洋国家日本の繁栄を願うことを目的に,毎年,全国の港湾都市で開催される日本最大の「海の祭典」であり,「海の日」が国民の祝日として制定された2003年を第1回として神戸の地で開催され今年で14回を数える催しです。
記念式典では,秋篠宮同妃両殿下の御臨席のもと,国土交通大臣表彰(1団体,2社,31名),海上保安庁長官表彰(9名),神戸運輸監理部長表彰(2社,94名),近畿地方整備局長表彰(9団体,29名),第五管区海上保安本部長表彰(14名),海の絵画コンクール最優秀賞表彰(4名)の表彰式が行われました。


神戸大学海事博物館の情報はこちら


at 11時45分

2017年07月07日

「今月の逸品ver.2」 vol.3日本郵船歴史博物館の「記念洋酒 ウイスキーボトル(未開封)」

「今月の逸品ver.2」第3回目は、日本郵船歴史博物館の「記念洋酒 ウイスキーボトル(未開封)」です。


日本郵船専用に瓶詰めされた洋酒。ラベルにbottled for the Nippon YUSEN KAISHAの印字が見られる。
明治から昭和初期にかけて船内での酒類はブランデーやワインなどよく知られるが,ウィスキーもあったという事を教えてくれる1点である。

企業や人が長い年月を積み重ね歴史をつむいでいくのと同じように,博物館に収蔵される資料は誰が所有し,どのような来歴を経て現在に至ったかという時を越えた様々な記憶を包含している。
収蔵品の中には1928年と記された未開封のウィスキーボトルがある。銘柄は「Black & White」。ちなみに,国産ウィスキー第一号『白札』の販売が開始されたのは1929年(昭和4)だ。
来歴を調べると前所蔵者の母の遺品の中に眠っておりそこから発見されたウィスキーボトルで,1993年にカリフォルニアサターン第60次復航に載せられ当時の博物館準備室に寄贈されたものだった。ボトルのラベル上部に“EXPRESSLY BOTTLED FOR NIPPON YUSEN KAISH”と記載されている。寄贈者の祖父はシアトル,アラスカでパイロットをしていたようで,日本郵船の船長とも面識があったという。1928年のシアトル航路の就航船は常磐丸,静岡丸,伊予丸,横浜丸,富山丸,加賀丸,三島丸が就航していた。
話はややずれるが,今でいう「社員規則」にあたる「社規類纂」なかに「船内酒食接待心得に関する件」という項目があり船長は乗船客,以外にも官公吏及び水先人等も船内で酒類を持ち出し接待することができた。つまり前所蔵者である祖父はパイロットであり,1928年頃の前記の船のいずれかの船長が荒天で出航の遅れたか,はたまた思いがけない邂逅にふれたか何かの折パイロットを船内に招き,その記念としてのウィスキーボトル贈ったのだろうか。

 


日本郵船歴史博物館の情報はこちら



at 14時14分

カレンダー

前の月 2017年09月 次の月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS