全国のみなとの博物館、港情報はここで!最新イベント情報も随時更新中です。みなとの情報が一目で分かる、みなとの博物館ポータルサイト。

みなとミュージローブログ

2018年04月11日

「今月の逸品ver.2」 vol.12 新潟市歴史博物館の「新潟白山神社大船絵馬の複製品 」

「今月の逸品ver.2」第12回目は、新潟市歴史博物館の「新潟白山神社大船絵馬(にいがたはくさんじんじゃおおふなえま)」の複製品です。
 
 新潟市中央区の白山神社拝殿に、縦1m90cm、横3m60cmの大船絵馬が掛かっています。嘉永5(1852)年、越後幕府領の年貢米の回送を請け負っていた豪商・市島次郎吉が奉納したものです。航海安全や回送の成功を祈願したものとされ、新潟で米を積み込み、絵馬左上の大坂、右上の江戸で積み下ろしている風景を、新潟町出身の画家・井上文昌が詳細に描いています。
 新潟市歴史博物館では、白山神社所蔵の大船絵馬を調査・分析し、同じ材料を用いて製作当初の姿に再現した複製品を展示しています。この絵馬で特に注目されるのが、中央部に描かれた新潟湊の様子です。碇泊している大型の廻船に天渡船が近づき、瀬取りで米を積み込んでいる様子がわかります。埠頭に着岸して荷を積み下ろしする現在の港とは異なっていたことが確認できます。また、米を運ぶ廻船や天渡船のほかに、町から堀をつたって米を運んでくる舳先の平らな川舟や、碇泊した廻船に近づき物を売る川売りの舟、大型の廻船より小ぶりで近郊を行き交うコマワシと呼ばれる船など、機能の異なる船も描かれています。それらに加え、舟を操る人、米を運ぶ人、到着した船の帆をたたむ人など、人々の動きも生き生きと描かれ、当時の新潟湊の情景がよみがえってきます。
 当館では、この大船絵馬複製品を露出で展示しています。ぜひ近づいて、詳細をご覧ください。


  

   新潟白山神社大船絵馬複製品


   
   新潟湊の部分

新潟市歴史博物館の情報はこちら



at 14時08分

2018年03月05日

「今月の逸品ver.2」 vol.11 物流博物館の「映画『海と陸をむすぶ』」

「今月の逸品ver.2」第11回目は、物流博物館の「映画『海と陸をむすぶ』」です。


 映画「海と陸をむすぶ」は昭和35年の海運業務を記録した作品です。
 物流博物館では江戸時代以降の物流に関するさまざまな資料を収蔵していますが、特徴的なコレクションとして、昭和20年代~50年代の物流に関する約300点の映画フィルムがあります。これらはその時代の物流業界や社会一般について考察する上で貴重な資料です。
 映画フィルムについては保存・活用のため計画的にデジタル化を行っており、これまでに約100点の作業を完了しました。本作品をはじめデジタル化した一部の作品は常設展示室内の映像ブースでご覧になることができます。


 

 

「海と陸をむすぶ」   昭和35年(1960)/カラー・ワイド/30分/企画・製作:日本通運㈱
 
<製作スタッフ>
製作:斉藤久/脚本:八木仁平/演出:野田真吉・長野千秋・山本敏之・武井義尚/
撮影:上村龍一・義江道夫・坪井静雄・吉田健一/照明:高橋壱雄/録音:金谷常三郎/音楽:間宮芳生・岡田和夫/解説:高島 陽/現像:東洋現像所

<内容>
 日本通運㈱の海運業務を紹介したPR映画。日本各地の中心的な港を取材した大作で、当時の港湾の光景や荷役作業をワイド映像で紹介しています。登場する主な内容は、アメリカ向けの玩具、東南アジア・中近東向けのタイヤなどの輸出品の荷役作業、工業塩や無煙炭、リン鉱石、羊毛、小麦などの輸入原料の荷役作業、マツダ製小型トラックのクレーンによる荷揚げのようす、瀬戸内海航路を運ばれる雑貨、メタノールを運ぶタンカー艀、ソ連船の曳航する海洋筏、北朝鮮帰還者の引き揚げ荷物の輸送など。作品の最後には、石炭積み出しを自動化した室蘭の大規模な日通埠頭が紹介されています。


物流博物館の情報はこちら


at 10時24分

2018年02月20日

【祝 生誕80周年】2月16日“宗谷”の進水記念日

船の科学館で展示公開をしている初代南極観測船“宗谷”は、今から80年前の1938(昭和13)年2月16日に進水し、今年で生誕80周年を迎えました。

現在、“宗谷”生誕80周年を記念して、様々な記念行事を計画中です。

その第一弾として、進水記念日の2月16日には“宗谷”を「満船飾」で飾るほか、当日ご見学頂いた方のうち、先着80名様に「素敵な記念品」をプレゼントさせて頂きました。


 

詳細はこちら

船の科学館の情報はこちら


at 13時17分

2018年02月06日

「今月の逸品ver.2」 vol.10 “渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)の「地引網漁絵馬」


「今月の逸品ver.2」第10回目は、“渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)の「地引網漁絵馬(じびきあみりょうえま)」です。

 “渚の駅”たてやま内にある博物館では、房総半島の漁業に関わる資料を多数所蔵しており、このうち2,144点が国指定重要有形民俗文化財となっています。今回はそのうちの1点である地引網漁を描いた絵馬を紹介します。
 この絵馬は千葉県いすみ市岬町の清水寺に奉納されたもので、明治27年(1894)1月に日在浦で行われた地引網漁の様子が描かれています。船1艘による片手廻しの地引網漁で、獲物はもちろん房総を代表する魚、鰯です。
 網や縄を引く体格の良い男性たちや、鰯をタモで砂浜へ運ぶ女性たちなど、おびただしい数の人々が働いている様子が分かります。画面右上にある白い部分がすべて鰯で、海上の網の上に飛ぶたくさんのカモメも、この漁が大漁だったことを物語っています。船の上では沖合が指示を出し、海中でも男性たちが忙しく働いています。手前に描かれた商標の書かれた籠は、鰯を買い付けにきた商人のものでしょうか。浜には天秤棒で酒樽を担いでくる人物がおり、何か飲食している人々も見えます。
 九十九里や夷隅で行われた大規模な地引網漁は、働き手や関係者など多くの人々が集まることから、それらの人々を相手とした酒屋や煮売りの屋台が出店することもありました。こういった光景は「社交場」と称されることもあり、この絵馬からも賑やかな様子が伝わってきます。鰯は食用のほか、加工して肥料としても利用される房総の特産品でした。
 絵馬の左下には、消えかかっているものの漁に関わった人々の名前が記されており、大漁のお礼とともに、今後の漁の成功を祈願して地元の寺へ奉納されたものと考えられます。人々が大漁への願いを込めて描いた絵馬が、当時の漁の様子を現代の私たちへ色鮮やかに伝えてくれるのです。
 この絵馬は“渚の駅”たてやま2階の常設展示室で展示しています。このほか、地引網漁の模型ジオラマや干鰯製造道具などの関連資料も展示していますので、ぜひご来館ください。




“渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)の情報はこちら


at 13時33分

2018年01月04日

「今月の逸品ver.2」 vol.9 山形県酒田海洋センターの「船舶模型 ユニバース・ジャパン」


「今月の逸品ver.2」第9回目は、山形県酒田海洋センターの「船舶模型 ユニバース・ジャパン」です。

ユニバース・ジャパンは、ユニバース・アイルランド級3番船の原油タンカーです。1969年から1971年までの間、世界最大級の船舶として名を馳せました。山形県酒田海洋センターには多くの船舶模型がありますが、その中でもユニバース・ジャパンは最も大きく、一際目立っています。石川島播磨重工業株式会社から御提供いただいたものです。


 

船名 ユニバース・ジャパン    船種 原油タンカー
船籍 リベリア          竣工 1969年3月20日 (石川島播磨重工業にて)

○要目
総トン数 149,609 トン      載貨重量 331,826 トン(326,585ロングトン)
全長 345.3 m           垂線間長 330.0 m
型幅 53.3 m           喫水 24.782 m
主機関 IHI-GE 蒸気タービン 2基
出力 37,400馬力(最大)34,000馬力(常用)
最大速力 15.1ノット        航海速力 14.6ノット
乗組員 53名+予備9名



山形県酒田海洋センターの情報はこちら


at 10時35分

カレンダー

前の月 2018年04月 次の月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

RSS